広くなった額には
少しモードなショートバング

「広くなってきた額へのアプローチとしては、前髪をつくるのがベター。でも、目の上ギリギリまでの長い前髪ではなく、眉上のショートバングがおすすめ。重めに設定することでしっかり額を覆えるのと、適度な個性も出しつつきちんと感も演出でき、まさに大人向きなんです」(担当/早坂光雄さん)

Hair point

トップと前髪を残し、サイドとバックは刈り上げ。前髪は、まずラインを残すようにブツッとカットしてから、トップとつながるように、毛量を調整しながらレイヤーを。硬めのワックスを手のひらで馴染ませたら、全体的に根元からつけ、タイトなシルエットにまとめて。 (モデル/小島由宇さん・35歳・会社員)
ジャケット¥42,000/アトリエ ベトン(スタジオ ファブワーク) タートルネックニット¥28,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)

SiiKA

住所:東京都目黒区鷹番3-3-12 STARARKGビル1階
TEL:03-6452-2310
営業時間:11時〜21時、日曜・祝日10時〜18時
定休日:火曜、第3水曜


根元からパーマをかければ
細くなった髪でもボリュームが

「髪が細くなり特にトップのボリュームが減ると、年齢より上に見られることがあるだけではなく、対比でサイドのボリュームが増えたように見え、バランスが崩れます。フロント&トップにパーマをかけ、思い切ってサイドを刈り上げると、バランスのいいしゃれた髪型に」(担当/岡村雄一郎さん)

Hair point

カットは、襟足からサイドにかけて刈り上げ、フロントとトップの毛量が多くなるように。フロントは12〜17㎜程度のロッドで、トップは10〜12㎜程度のロッドで根元まで巻き込むようにパーマを。髪を全体的に濡らし、半乾きの状態でオイルをつけて自然乾燥したら完成。(モデル/川島一朗さん・45歳・会社員)
ジャケット¥48,000/エンジニアド ガーメンツ ポロシャツ¥26,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)

roma

住所:東京都目黒区上目黒1-8-28 1b
TEL:03-5459-1595
営業時間:12時〜21時、土曜11時〜21時、日曜・祝日11時〜20時
定休日:火曜、第3月曜


コントロールがきかない直毛は
重さ生かしのブラントカットを

「“ニュアンス”というものがなくなってしまう直毛の人の場合、計算したカットで平面の中に動きをつくることがポイントになります。カットの仕方もセクションごとに分け、スタイリングしやすい方向に。自然でシンプルなやわらかい印象を質感でつくり、ふわっとセットします」(担当/樅山敦さん)

Hair point

襟足からサイドはグラデーションカット。サイドのカットラインはぱつっとしたブラントカットにしてスタイリッシュに。オールバックにドライヤーをかけ、セット力のあるワックスを手にのばし塗布。目の粗いコームでとかすと、自然な立体感が出てやわらかな髪質に見える。 (モデル/岡村建弥さん・31歳・会社員)
ニットカーディガン¥35,000/マーガレット・ハウエル(アングローバル) タートルネックカットソー¥12,000/サンスペル(サンスペル 表参道店) メガネ¥35,000/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)

BARBER BOYS

住所:東京都渋谷区代官山町15-2 2階
TEL:03-6755-1731
営業時間:9時〜18時
定休日:月・火曜


クセが強くまとまらないなら
生かせるスタイリングで攻略

「加齢とともに現れるのが、いろいろな方向にハネる毛先のクセ。スタイリングしにくかったり、想定してなかったところに分け目ができてしまったり。トップ近くにレイヤーを入れて動かしやすくし、根元を立ち上げ、クセを生かすスタイリングでハネを味方につけてみて」(担当/牧島寛季さん)

Hair point

クセが強く出る毛先は重さを残し、ハチから上にレイヤーを入れてカット。乾かす際、髪全体を前にもってくるようにしてからドライヤーをかけることで自然な毛流れができる。ハードワックスを後ろから前に向かって全体にもみ込み、ハードスプレーでスタイリングをキープ。 (モデル/伊藤博和さん・35歳・自営業)
ジャケット¥58,000/シュタイン(スタジオ ファブワーク) シャツ¥26,000/マーカウェア(PARKING)

ABBEY

住所:東京都港区南青山5-7-23 始弘ビル2階
TEL:03-5774-5774
営業時間:11時〜21時、土曜10時〜19時30分、日曜・祝日10時〜18時
定休日:月曜、第2・第3火曜


ハリ・コシ不足のペタッと髪は
ボディパーマでゆるめに復活

「ハリやコシがなくなってきたら、ゆるいウエーブで動きをつけてボリュームアップを。トップは長め、襟足は短くカットすることで、大人の男性らしい清潔感も。フォームでやわらかくするか、オイルでツヤを出すか。スタイリング次第でオン・オフの印象も変えられて一石二鳥」(担当/小森栄祐さん)

Hair point

ベースのカットはあえて重さを残し、耳まわりから襟足までを短く。ラフな大人っぽさを演出するため25〜30㎜のロッドを毛先から根元まで巻き込みボディパーマを。基本のスタイリングはセミドライの状態でフォームをもみ込む。印象変えにはバームでタイトに仕上げても。 (モデル/佐藤純志さん・30歳・スタイリスト)
コート¥350,000・カットソー¥38,000/ヘリル(アンシングス)

Stand

住所:東京都渋谷区鶯谷町8-11 2〜4階
TEL:03-6455-3638
営業時間:11時〜21時
定休日:木曜


ツヤ出し黒染めでまだらな白髪を
健康的で若々しい印象にシフト

「白髪が目立ってくる40歳男子も多いのでは。カラーリングで白髪を隠すのが手ではありますが、髪自体のツヤを復活させることも重要。そこで生き生きとしたツヤが出るカラーバターを使った毛染めがいいんです。ツヤが甦ったうえで黒く染まると髪に立体感も生まれますよ」(担当/工藤耕成さん)

Hair point

白髪を完全にカムフラージュするのではなく、ケアしながらツヤを与え、活力ある黒髪に見せられるカラーバターを。ベースは10〜12㎜程度のロッドで、ランダムに動きが出るようにパーマをかけて。もみあげは刈り込んでパーマ部分を引き立てるとよりカールが生きる。 (モデル/佐藤リッキーさん・44歳・プロジェクトデザイナー)
ジャケット¥80,000/ヘリル(アンシングス) カットソー¥10,000/サンスペル(サンスペル 表参道店)

mitsouko

住所:東京都目黒区青葉台1-16-15
TEL:03-3770-6012
営業時間:10時30分〜20時30分、日曜・祝日10時30分〜19時30分
定休日:火曜


ドライな剛毛で清潔感が失われる前に
短めグラデーションカットで阻止

「短く設定した襟足からトップにかけてのグラデーションカットは、乾燥毛だったり、剛毛の人にもってこいのスタイルです。髪が伸びるとまとまりが出ず、清潔感とは遠くなってしまう印象に。トップを分けられるくらいの長さにしておくと、大人っぽさも清潔感も同時に手に入るスタイリングが楽しめます」(担当/松尾芳晴さん)

Hair point

メリハリあるグラデーションカットにし、ミニマムなスタイルを目指す。襟足からサイドまではゆるやかなグラデーションカット、トップには丸みが出るよう整えて。グリースとクレイワックスを混ぜ、中間から毛先にトップに分け目をつくりながら馴染ませたら完成。 (モデル/入江知行さん・32歳・YouTuber)
ブルゾン¥43,000/セブン バイ セブン(アングローバル) シャツ¥17,000/カズキナガヤマ(スタジオ ファブワーク)

AO

住所:東京都渋谷区神宮前5-11-6 T’s表参道 地下1階
TEL:03-6712-6923
営業時間:12時〜22時、金曜12時〜21時、土曜9時〜20時、日曜9時〜18時
定休日:月曜


アイヴァン 7285 トウキョウ TEL:03-3409-7285
アングローバル TEL:03-5467-7864
アンシングス TEL:03-6447-0135
エンジニアド ガーメンツ TEL:03-6419-1798
サンスペル 表参道店 TEL:03-3406-7377
スタジオ ファブワーク TEL:03-6438-9575
PARKING TEL:03-6412-8217
リーミルズ エージェンシー TEL:03-5784-1238

Photos:Takahiro Idenoshita 
Stylist:Takeshi Toyoshima
Composition&Text:Mariko Urayasu