第1位

Aēsop
Erémia Eau de Parfum

エレミア オードパルファム/イソップ・ジャパン

コンクリートに咲く緑をイメージした、
優しくも生命力あるノート

綾 瞳さん (会社員)
「まろやかさの中に感じるとがり。気分が落ち込んだときに纏いたい」

福本真士さん (CIAOPANIC TYPY ディレクター)
「肌と違和感なく馴染んで香りたつ。圧倒的にいい!」

西村 匠さん (モデル/会社員)
「奥に存在する雑草っぽさ。レパートリーの一つにしたい香りです」

エレミア オードパルファム/イソップ・ジャパン 1

見事1位に輝いたのは、洗練された香調の中に野生を感じる香り。パウダリームスクやコンクリートを感じる都会のムードと、ユズやシトラス、グリーン系のガルバナムが混在した複雑なブレンド。にもかかわらず、まろやかに調和したまとまりのある仕上がりが魅力だ。穏やかでありながら、やる気を起こして背中をそっと押してくれる香りとして、デイリーに纏いたいという声が多数。エレミア オードパルファム 50㎖ ¥21,450/イソップ・ジャパン

選んだ人
綾 瞳さん、福本真士さん、藤村 岳さん、西坂和浩、西村 匠さん、吉﨑哲一郎


第2位

Yves Saint Laurent
Le Vestiaire Des Parfums Édition Couture 24

ル ヴェスティエール デ パルファム クチュールエディション 24 /イヴ・サンローラン・ボーテ

落ち着きの中に隠しきれない色気が漂う

杉山耕平さん (TOMORROWLAND PR)
「クラシックでセクシーなノートを、あえて普段使いしたい」

池田尚輝さん (スタイリスト)
「時間とともに変わる表情。スモーキーでマチュアな感じもいい」

行方 淳さん (エディター)
「複雑ながら華やかさがある。女性ウケもよさそうな予感!」

ル ヴェスティエール デ パルファム クチュールエディション 24 /イヴ・サンローラン・ボーテ

クチュールのアトリエがある通りの名を冠したフレグランスは、スウェードの香調からクリーミーなサンダルウッドへと向かう官能的な香り。静寂と包容力を兼ね備えた、大人の男に最適な名香。色っぽさゆえ、「急につけたら妻に怪しまれそう」という声も。少し背伸びした香りとしてセレクトした参加者がほとんど。ル ヴェスティエール デ パルファム クチュールエディション 24 125㎖ ¥45,100/イヴ・サンローラン・ボーテ(GINZA SIX限定発売)

選んだ人
池田尚輝さん、片貝 俊さん、杉山耕平さん、長塚健斗さん、行方 淳さん


第3位

Maison Christian Dior
Ambre Nuit

メゾン クリスチャンディオール オードゥ パルファン アンブル ニュイ/パルファン・クリスチャン・ディオール

美女と野獣、両極な二者のコントラスト

佐藤研二さん (@nakamafilm代表)
「強さと繊細さ、相反する要素を兼ね備えていて魅力的」

工藤 健さん (アダム エ ロペ プレス)
「多面的なノートは飽きがこず、ユニセックスで楽しめそう」

佐久間海土さん (音楽家)
「インパクトがあるのに、肌に馴染むと甘くなくやわらかに香る」

メゾン クリスチャンディオール オードゥ パルファン アンブル ニュイ/パルファン・クリスチャン・ディオール

動物的なアンバーと繊細なターキッシュローズ。映画『NOSE(調香師)-世界で最も神秘的な仕事』に登場した伝説の調香師、フランソワ・ドゥマシーが可能にした、両極な二者のハーモニー。絶妙なバランスの中に、不思議な安堵感を覚える香り。ユニセックスで使える多面性に、長く愛用できそうとの意見が多かった。メゾン クリスチャンディオール オードゥ パルファン アンブル ニュイ 250㎖ ¥45,100/パルファン・クリスチャン・ディオール(店舗限定品)

選んだ人
工藤健さん、佐藤研二さん、佐久間海土さん、行方 淳さん


香りのプロフィール付き 参加者一覧

綾 瞳さん / 会社員

綾 瞳さん (会社員)

サンタ・マリア・ノヴェッラのポプリが己のシグネチャー的香り。

福本真士さん  / アパレルディレクター

福本真士さん (アパレルディレクター)

ここ5年はディプティックのタムダオを夫婦でシェアしている。

西村 匠さん  / モデル/会社員

西村 匠さん (モデル/会社員)

趣味でアロマ検定を取るほどの香り好き。コスメ関連の仕事も。

杉山耕平さん (TOMORROWLAND PR)

杉山耕平さん (TOMORROWLAND PR)

購入はテストして香りの変化をみてから。今はフエギアがスタメン。

池田尚輝さん  / スタイリスト

池田尚輝さん (スタイリスト)

ファースト香水は20代中盤。当時流行っていたヘルムート ラング。

行方 淳さん / エディター

行方 淳さん (エディター)

最近は昔つけていたレミニッセンスのパチョリをリバイバル中。

佐藤研二さん /@nakamafilm代表

佐藤研二さん (@nakamafilm代表)

幼少期を過ごしたパリでは、イッセイ ミヤケをつけていた記憶。

工藤 健さん (アダム エ ロペ プレス)

女性が纏いそうな香りがいい。ロエベ ウーマンを奥さんと兼用中。

佐久間海土さん / 音楽家

佐久間海土さん (音楽家)

ジョー マローンなどさっぱり系の香調がタイプ。自然に香らせたい。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Kazumasa Takeuchi(Still) Naomi Ito,Mai Shintani(Model)
Collage:Kazuki Gotanda 
Composition&Text:Sachico Maeno