人格形成に大きく影響した『DEATH NOTE』

少年マンガから少女マンガまで幅広い作品に精通、『バクマン。』や『ジョジョの奇妙な冒険』など「週刊少年ジャンプ」作品にも多数出演。そんな神木さんと「ジャンプ」との出会いは、小学3年生のときだった。
「ドラマで共演していたユースケ・サンタマリアさんから誕生日プレゼントに『ONE PIECE』の23巻セットをいただいたんです。アラバスタ編が終わったところまでですね。それで『ジャンプ』の存在を知りました」。以来、好きな作品はコミックスを揃えて読むように。「『SLAM DUNK』は家族で夢中になりました。僕は流川派で、母は花道派です(笑)。『バクマン。』や『ジョジョ』も映画へ出演するにあたって読み返しましたが、昔は気づかなかった深い意味がわかったり、すごい作品だなとあらためて感じました」。
中でもいちばんハマッたのは『DEATH NOTE』で「僕の人格形成に大きく影響している漫画」と言うほど。
「デスノートを使って犯罪者を抹殺する夜神月(ライト)と、それを追う名探偵L(エル)との頭脳戦は本当に心を奪われました。とくにライトは頭がよくて、相手の心理をすっかり読んで先回りして行動できてしまう。そこが本当にかっこいいというか、憧れます。それまで僕は、後先考えずにがむしゃらに突っ走ってしまうところがあったのですが、これを読んで相手の心の動きとか、駆け引きとかを考えて行動することが大事なんだと気づきました。とにかく一つ一つの発言が伏線になっていて、単行本一冊読むのに2時間半くらいかかる。それだけ濃密なんです。この世界観をつくり上げた作者の大場つぐみさんは本当にすごい。どんな頭脳をされているのかなと思います」

このインタビューの続きは発売中のUOMO5月号にてお楽しみください。

ほかにも誌面ではお笑い芸人のサンドウィッチマンや大根 仁さんなどにも「週刊少年ジャンプ」について熱く語ってもらいました。
UOMO5月号試し読み


神木隆之介 俳優
1993年埼玉県生まれ。主演ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(毎週土曜日20時15分~NHK)が4月21日より放送。学校で起きる問題と格闘する新人弁護士役を熱演。


「週刊少年ジャンプ展」絶賛開催中!

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)にて、6月17日まで「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 – 1990年代、発行部数653万部の衝撃-」が開催中。
詳細はhttps://shonenjump-ten.com/


ジャケット¥57,000/トゥモローランド
パンツ¥34,800/レインメーカー
シューズ¥19,800/ヴァリジスタ(アースマーケティング)

アースマーケティング TEL:03-5638-9771
トゥモローランド TEL:0120-983-522
レインメーカー TEL:075-708-2280

Photo:Ayumi Yamamoto
Text:Hiromi Sato
Hair&Make-up:MIZUHO[vitamins]
Stylist:Satoshi Yoshimoto
Movie:Hiroki Homma

SHARE