簡単、手頃! ファッションとしてのアウトドアアイテム、プロの選び方 | News | UOMO | WEBUOMO

NEWS

簡単、手頃! ファッションとしてのアウトドアアイテム、プロの選び方

1975年の名著『チープ・シック』が提案した「お金をかけないでシックに着こなす法」を、現代の日本で新解釈すると? 業界の目利き6人の「お値段以上の服」と着こなしマイ・ルール、スタイリスト・小林 新さんに続き、ビームスのプレス・日高正幸さんのルールをご紹介。

Photos:Taro Hirayama
Text:Kai Tokuhara

とにかく使える、
黒のアウトドアアイテム

機能的でありながらどのウェアもファッションブランドに比べて比較的安い。それがアウトドアブランドの魅力の一つ。「街中で着てもカッコよく見えるかどうかはアウトドアウェアを選ぶうえでとても大事です。黒であれば普通のワードローブと調和させやすく、そのぶん汎用性が高まりますから」。

l-l-bean

L.L.Beanの
モックネックカットソー

約¥5,000

L.L.ビーンのモックネックはデッドストックを購入。「オーセンティックなアウトドアブランドならではの少し野暮ったいシルエットが逆にいい感じ。これはウール混なので保温性、通気性も高く、冬に重宝します」。

gramicci

GRAMICCI×CHARI&CO×BEAMSの
パンツ

約¥15,000

ストレッチのきいた快適な細身シルエットが最近あらためて人気を博しているグラミチのクライミングパンツ。こちらはチャリ&コー、ビームスとのトリプルネーム。「スポーティな素材ですが、このシルエットでしかも黒なので、仕事のときでもスラックス風にはけるのがいいですね」。

arcteryx

ARC’TERYXの
中綿ブルゾン

約¥30,000

アークテリクスの「Atom LT Hoody」。「保温性、軽さ、着心地、デザイン、すべてにおいて完璧。アウトドアシーンではミッドレイヤーとして最高のパフォーマンスを発揮してくれる高機能アイテムは、街ならアウターとして十分なスペック。それでこのプライスならかなりお買い得です」。

timberland

Timberlandの
フィールドブーツ

約¥20,000

「昔から自分にとってのティンバーランドの定番は、有名なイエローヌバックよりも黒のフィールドブーツ。今年新たに買い足しました。軽くてスニーカー感覚で履けるので、コーディネートを選ばず毎日いけます」。

この記事もオススメ!!

    ニュース一覧へ

    イメージ
    NOW ON SALE

    UOMO 9月号好評発売中

    定価 820YEN

    UOMO8月号p.22に掲載しているカフリンクスの価格に間違いがありました。正しい価格は ¥440,000(税抜)です。お詫びして訂正いたします。

    PAGE TOP