色の力が、しかるべき場所に
自分を引っ張ってくれる

「“適材適所な色”ってあると思うんです。これは多くの衣装を着て気づいたこと」という和田正人さん。
 黄×青のジャカードチェックのパンツを白シャツにさらりと馴染ませ、自然な佇まいに。
「昔は個性的な服一辺倒でしたが、年齢を重ねるにつれモノトーンも増え、スタイリングの振り幅が大きくなりました。だからこそ、より色の力を実感します。例えば、このパンツの色柄をまとっただけでしゃれた中目黒の街に溶け込んでいる感覚になるから面白い」。
 40歳相応の見え方という点で黒に頼ることも多いが、やはり色の力は格別だそう。
「モノトーンで揃えることが安心感を与える部分は当然あると思いますが、ときにはそこを突き抜けて、イメージに向かって行動するスイッチがオンになる感覚を味わいたい。それを可能にしてくれるのが色なんですよね。だから楽しいんです」。

シャツ¥29,000・パンツ¥33,000/シセ(VAL)


和田正人 MASATO WADA
1979年高知県生まれ。近年はTBS日曜劇場「陸王」、「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)などで活躍。7月16日(月)よりドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)に出演中。

VAL TEL:03-6277-2147

Photos:Go Tanabe
Composition:Kai Tokuhara
Text:Takako Nagai
Hair&Make-up:Junko Kobayashi
Stylist:Noriyuki Shiba
Movie:Tomohiro Fujii