服装も理美容もクラシックな身だしなみを愛する、渋く美しい大人=東京美男を初めて提案してから半年。外に出ると汗をじわりとかく季節に、あらためて正しき大人のグルーミングをお届けします。蒸し暑いけれど風情のある、ニッポンの夏にふさわしいモノ、コト、場所が満載です。


Y. & SONS

神田明神の脇にあるY. & SONSでは浴衣を仕立てられる。一緒にモードブランドも陳列されていたり、今っぽさが凝縮されたお店だ。「先日、京都に行ったときに祇園ない藤さんで下駄とJOJOサンダルを購入したので、それに合わせる浴衣を買わないと、ですね」。



東京都千代田区外神田2-17-2
TEL:03-5294-7521
営業時間:11時~20時 水曜休み
www.yandsons.com


(写真上)近江ジャカードの浴衣¥53,000(仕立て代込み)・博多角帯 如水の帯¥32,000・ハット(KIJIMA TAKAYUKI)¥20,000・扇子¥12,000・巾着¥20,000/すべてY. & SONS メガネ/本人私物

駿河台 矢口

ヘア&メイク矢口憲一さんが今春開いた美容室、その名もズバリ「駿河台 矢口」。まるで個人ギャラリーだ。カットは洗髪込みで¥6,000。「家具やお酒の話など、とても興味深かったです」と楽しそうに話す鈴木さんの反応を見ると、どうやらここに来る楽しみは単に髪を切るだけではなさそうだ。



東京都千代田区神田駿河台3-5 大池ビル2F
TEL:03-5577-3271 
surugadai.yaguchi@gmail.com
営業時間:応相談 不定休(完全予約制)


山の上ホテル

池波正太郎をはじめとする多くの文豪が定宿としていた文化人のホテル「山の上ホテル」。35室しかない瀟洒な客室はすべてのレイアウトが異なり、中でも庭付きスイートルーム(※)は大きな窓外に坪庭があり、情緒あふれる時間を過ごせる。「憧れのホテルだったので少しでも滞在できてうれしい。次は名物の天ぷらを食べたい」と鈴木さん。



東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3293-2311
(※)スイートルーム(403号室・¥55,000/泊)
www.yamanoue-hotel.co.jp


ジャケット¥68,000・パンツ¥42,000/オールドジョー(オールドジョー フラッグシップストア) 半袖シャツ¥18,000/アナトミカ(アナトミカ 東京) シューズ¥37,000/エンダースキーマ(スキマ 恵比寿) ヴィンテージの万年筆¥50,000/ウォーターマン・インク¥900/ペリカン(ともに川窪万年筆店) その他/本人私物

燕湯

富士山の溶岩を使用した岩風呂が国の登録有形文化財に指定されている燕湯は、早朝から晩まで通しで営業している。持参するのは、山形県発祥の冷やして使うことを前提に作られた、名物・冷やしシャンプー(使い切りパウチ10mL ¥100/理容ヒビヤ)。その冷たさに思わず声を出してしまうが、燕湯のお湯の熱さにはもっと大きな声を出してしまう。



東京都台東区上野3-14-5
TEL:03-3831-7305
営業時間:6時~20時 月曜休み
入浴料:大人¥460 
www.tsubameyu.com


みますや

歴史の薫りが立ち上る座敷でキンキンに冷えたお酒を傾ける至福のひと時。名物のどぜうをはじめ、昔の旅館台帳のようなメニューに書かれたお料理も、片っ端から食べたくなる。「銭湯でひとっ風呂浴びてから、酒場に行くのは、いつもの自分そのものです(笑)。基本、このあとに何軒もハシゴしたくなるのですが…」。男磨きとは単に外見にこだわることではなく、クラシックな街やお店の空気を味わうことなのだ。



東京都千代田区神田司町2-15-2
TEL:03-3294-5433
営業時間:11時30分~13時30分(土曜はランチ休)、17時~23時(22時20分頃L.O.)、土曜~22時(21時20分頃L.O.) 日曜・祝日休み

鈴木浩介

1974年福岡県生まれ。俳優として映画やドラマなどで幅広く活躍中。主演舞台『消えていくなら朝』(蓬莱竜太・作、宮田慶子・演出)が新国立劇場 小劇場にて7月12~29日に公演予定。


アナトミカ 東京 TEL:03-5823-6186
オールドジョー フラッグ シップストアTEL:03-5738-7292
川窪万年筆店TEL:03-3941-0561
スキマ 恵比寿TEL:03-6447-7448
理容ヒビヤ TEL:03-6205-8987
Y. & SONS TEL:03-5294-7521

Photos:Kenta Sawada
Hair&Make-up:Shinji Okuyama[Barrel]
Stylist:Toshihiro Oku

SHARE