photo
photo
photo
prevnext

ツイッターの勘違い投稿により「551蓬莱」の通販サイトに豚まんの注文が殺到して、サーバーがダウンしたというニュースをネットで見た。551の豚まんと言えば全国区の人気を誇る大阪グルメの定番。でも自分にとっての551はレトロなボックスに入った「アイスキャンデー」の印象のほうが強い。そんな大阪人も多いはず、という話を以前スタイリストの祐真朋樹さんとしていたら、「551は焼売も美味いんだよな」と教えてくれた。

餃子がある種の国民食と化したのに対して、同じ点心の仲間なのに焼売は何とも地味だ。宇都宮焼売も浜松焼売もないし、「焼売の王将」も存在しない。出張や帰省で東海道新幹線に乗った時は崎陽軒の「シウマイ弁当」や「ポケットシウマイ」を買うけれど、日常的に崎陽軒を食べるかというと、食べない。では本当に焼売は、餃子の陰に隠れるだけの地味な脇役なんだろうか? 自分が知らないだけで、世の中には熱狂的なファンを持つカリスマ焼売があるんじゃなかろうか? さらに40歳を過ぎてからというもの、焼き餃子のパンチ力をカラダが受け止めきれないことが増えてきた。ニンニクの効いた餃子の刺激よりも、自己主張は控えめながらやさしい味わいの焼売のほうがオジサンには向いているんじゃないだろうか。 …なんてことを考えながらページにしたのが、最新号の後ろの方にある「焼売新聞」だ。焼売をつまみに一杯やる「焼売アペロ」が楽しめるお店や、下町の商店街で大人気の焼売、知る人ぞ知るご当地焼売などを新聞形式でまとめている。もちろん、551の焼売も。新聞にしたことに特別な意味はなくて、ただ字面が「読売新聞」に似てるから。どの焼売もやっぱり見た目は地味だったけど、味は最高。あなたも明日から「焼売派」に転向するかもしれません。

餃子より焼売のほうが優れている点がもうひとつ。テイクアウトして自宅で食べた時のおいしさだ。焼売は温め直すのも難しくないし、何なら冷めていても全然おいしい。昨日のお昼は、近所の成城石井で買った「自家製国産豚のジューシー焼売」(焼売新聞でも紹介済み)にした。ほかにも、取り寄せ可能なものなどいろいろ紹介しているので、ぜひ焼売新聞を読み込んで「おうち焼売」を楽しんでください。


SERIES

「自宅でエディター私物」の記事一覧

ようやく納得できた、最高のヘビーデューティタオル【N.ハリウッド エクスチェンジサービス×ヒポポタマスのフェイスタオル(編集中野)|自宅でエディター私物 #56】

15年前に買ったクロスバイクは、今でもバリバリの現役【cannondaleのクロスバイク「Bad Boy」(編集稲葉)|自宅でエディター私物 #55】

え、MUGIEって“ムギー”じゃなくて“ムーギ”なの!?【レーマンの麦チョコ「MUGIE」(編集長山崎)|自宅でエディター私物 #54】

これまでの目玉焼きが偽物だったかのようにカリカリで美味い!【山田工業所の鉄フライパン(編集鶴田)|自宅でエディター私物 #53】

42歳・アロハ初体験!【sacaiのアロハシャツセットアップ(副編集長池田)|自宅でエディター私物 #52】

ポチったモノの開封に便利なアイテム発見!【OLFAのタッチナイフベンリー(編集中林)|自宅でエディター私物 #51】

この夏のスタメン白Tはコレに決まり【GraphpaperのパックT(WEBUOMO薬師神)|自宅でエディター私物 #50】

えっ、これが本当に俺の……肌(トゥクン)【ロート製薬の「肌ラボ」極潤パーフェクトマスク(編集吉崎)|自宅でエディター私物 #49】

美術館が再開されるまで、積まれた図録を整理して待つ【今年気に入った展覧会の図録(編集中野)|自宅でエディター私物 #48】

胸板だけでなく、その人生の厚みを知る【桜庭和志&棚橋弘至の書籍(編集稲葉)|自宅でエディター私物 #47】

「新しい生活様式」は、毎日ノーパンで仕事!?【パタゴニアのバギーズ・ロング(編集長山崎)|自宅でエディター私物 #46】

朝のジュース作りに欠かせないブレンダーと、ダウンジャケット!?【シャープのヘルシオ真空ブレンダー(編集鶴田)|自宅でエディター私物 #45】

「防御力に極振り」して2回目の冒険へ【ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータのファイナルファンタジーⅢ(副編集長池田)|自宅でエディター私物 #44】

もっと早く、火を灯せばよかった! 引っ越し祝いにもらったランプ【チェコ製のハンドメイドランプ(編集中林)|自宅でエディター私物 #43】

ブレザーやシャツの生地端切れで作ったアイビーなおしゃれ布マスク【ローイング ブレザーズのマスク(WEBUOMO薬師神)|自宅でエディター私物 #42】

なぜパスタを作るのか? それはピーター・アイビーの「パスタジャー」を使いたいから【ピーター・アイビーのパスタジャー(編集吉崎)|自宅でエディター私物 #41】

スマホから切り替え、読書にもより心地よさを求めて【薫玉堂の文香(編集中野)|自宅でエディター私物 #40】

お別れできない、思い出のたくさん詰まったバッグ【ヘッド ポーターのブリーフケース(編集稲葉)|自宅でエディター私物 #39】

パスタをレモン汁とオリーブオイルに和えるだけ。なのに、これほど美味いとは【ナティーボのレモンパスタセット(編集長山崎)|自宅でエディター私物 #38】

夜更かし防止にスポーツタイマー型の時計を緊急投入!【セイコーのミニスポーツタイマー(編集鶴田)|自宅でエディター私物 #37】

ヒゲダンスもジャミロクワイも、共通しているのはベースが最高にカッコいいってことだ【ジャミロクワイの「Blow Your Mind」(副編集長池田)|自宅でエディター私物 #36】

ティーバッグとは思えないおいしさに、100袋入った業務用の購入を検討!?【浜佐商店の有機ほうじ茶(編集中林)|自宅でエディター私物 #35】

ストックホルムの伸びやかな自然の息吹がそのままパッケージされているかのよう【山野アンダーソン陽子のオブジェ(編集吉崎)|自宅でエディター私物 #34】

Tシャツが思い浮かぶフルーツ製の意外な一本【フルーツオブザルーム×ブルーブルーのネクタイ(編集中野)|自宅でエディター私物 #33】

ピーター・アイビー、カイ・フランク、エリック・ホグラン…気がつけばこんなに増えていた【ガラス製のデキャンタ(編集稲葉)|自宅でエディター私物 #32】

スーパーにしか行かない毎日に大活躍のバッグとは?【グラナイトギアのエアグロサリーバッグ(編集長山崎)|自宅でエディター私物 #31】

在宅ワークの一服問題、解決しました!【JTのプルームテックプラス(編集鶴田)|自宅でエディター私物 #30】

つば九郎グッズで開幕を願い、野村克也さんの著書で野球脳を鍛える【Swallows CREWの特典グッズ(副編集長池田)|自宅でエディター私物 #29】

一人暮らしのリモートワーク、相棒のサボテンがいれば寂しくない!【鶴仙園の羅星丸(編集中林)|自宅でエディター私物 #28】

在宅ワークで酷使する目を、PCのモニタから開放するためにやったこと【ブラウンの壁掛け時計「ABK31」(WEBUOMO薬師神)|自宅でエディター私物 #27】

モード感ある見た目で選んだ3本ラインナシのアディレッタ【adidas Originalsのサンダル「アディレッタ ブースト」(編集中野)|自宅でエディター私物 #26】

在宅勤務服の正解、自分の結論は…【ロサンゼルスアパレルのスウェットセットアップ(編集吉崎)|自宅でエディター私物 #25】

篠山さんの溢れんばかりのパワーを感じる3冊【篠山紀信の写真集(編集稲葉)|自宅でエディター私物 #24】

おもちゃのようなボディにカールツァイスのテッサー、このギャップがたまらない【ヤシカのカメラ「T4」(編集鶴田)|自宅でエディター私物 #23】

【成城石井の「自家製国産豚のジューシー焼売」(副編集長池田)|自宅でエディター私物 #22】

業界きっての「ポチアディクト」がポチったもの【DR.BRONNER’Sのマジックソープ・MIFUKUANの柚子こしょう(編集中林)|自宅でエディター私物 #20】

明治24年創業、京都の老舗で購入した和紙のブックカバー【竹笹堂のブックカバー(編集中野)|自宅でエディター私物 #19】

リモートワークの“コリ”はこれでほぐします【在宅用のマッサージグッズ(編集稲葉)|自宅でエディター私物 #18】

リモートワークの先達「ルンバ先輩」の愛すべき短所【アイロボット社の「Roomba e5」(編集吉崎)|自宅でエディター私物 #17】

リモートワークの癒しはニット派もやみつきのスウェット【久米繊維のビッグフーディースウェット(WEB UOMO担当薬師神)|自宅でエディター私物 #16】

マスクでも除菌用アルコールでもなく、買いたくても買えないものとは?【リーディングエッジのダンベル(編集長山崎)|自宅でエディター私物 #15】

妻と2人、縦長のトランプで…【FRAGMENT×BICYCLEのプレイングカード ミニ(編集中野)|自宅でエディター私物 #14】

渋いデザインのラジオで聴く「山下達郎のサンデーソングブック」【ソニーのハンディーポータブルラジオ「ICF-P36」(編集中林)|自宅でエディター私物 #13】

今までごめんマイシューズ! まとめて磨き上げました【ブートブラックのシュークリーム・レザーローション(編集鶴田)|自宅でエディター私物 #12】

新幹線開業前夜の時刻表…そしてシミュレーションが始まる【時刻表完全復刻版の1964年9月号(副編集長池田)|自宅でエディター私物 #11】

玉ねぎのようなフォルムに目を奪われた。かわいい。【エリック・ホグランのキャンドルホルダー(編集吉崎)|自宅でエディター私物 #10】

本場のグッズで、フツフツと沸き立ってきた熱波欲【フィンランドのサウナグッズ(編集稲葉)|自宅でエディター私物 #09】

リモートワーク中の喉の乾きを癒す紅茶は、牛乳瓶みたいな白いボトルに入れて【プラダのウォーターボトル(編集長山崎)|自宅でエディター私物 #08】

ミルスペックな防水ケースにスマホを入れて、お風呂で『愛の不時着』を見よう【aLOKSAKの防水・防塵ケース/編集中野|自宅でエディター私物 #07】

在宅ワークだからこそ必要な“ひとりの時間”をイヤフォンで【バング&オルフセンのBeoplay E8 3.0/WEBUOMO薬師神|自宅でエディター私物 #06】

名作ロッキングチェアは座ったら最後、仕事をする気もなくなってしまう…【Nychair Xのロッキングチェア/編集中林|自宅でエディター私物 #05】

ジムに通えない一か月は、このチューブが自宅筋トレの相棒【フィノアのシェイプリング/編集鶴田|自宅でエディター私物 #04】

外出自粛のお供は、“本上まなみに会いたくて”学生時代住んだ、巣鴨が舞台の人情マンガ【安達 哲の『総天然色バカ姉弟』/編集吉﨑|自宅でエディター私物 #03】

自宅晩酌にぴったりのヴァンナチュール【ヒトミワイナリーの「Soif Rouge 2019」/副編集長池田|自宅でエディター私物 #02】

いつもは眺めるだけだった器に、サンタ・マリア・ノヴェッラのポプリを入れてみた【安齊賢太さんの黒い器/編集稲葉|自宅でエディター私物 #01】