レビュアーはこの方!

ソリマチアキラさん(イラストレーター)


今回使ってもらったのはこちら!

『MatePad 11』

高精細な10.95インチのフルビューディスプレイで画面の美しさが抜群。極限まで無駄を削ぎ落としたミニマルなデザインが魅力の高性能タブレットだ。もちろんHUAWEIのPCやスマホとのマルチスクリーンコラボレーションが可能。使い方次第で様々な可能性を発揮する。


SORIMACHI’S Review 1

『絵を描く楽しさが、十分にそこある』


兼ねてからタブレットがあると便利だなとは思っていたんです。イラストの参考になる映像や画像を閲覧するときはスマホだと小さすぎて限界を感じていたというのがひとつ。それと、作品の場合は僕はまだまだアナログでペンや筆を使って絵を描いているのですが、ラフスケッチなどはタブレットがあれば思い立った時や打ち合わせ時にもさっと取ることができる。今回、実際にそういう使い方をしてみましたが、絵を描く楽しさはちゃんとそこにあった。今後はラフスケッチだけじゃなく、作品もこれで描くという可能性も感じました。


SORIMACHI’S Review 2

『HUAWEI M-Pencil2が
想像以上に描きやすいし、便利』


これ一本で太い線も細い線も自由に使い分けられるし、色も直感的に選んで素早く着色することができる。この便利さには感心しました。慣れてしまえば、気軽に面白いものが書けると思いましたね。スピーディに仕事が進みそうです。


SORIMACHI’S Review 3

『デジカメで撮影したデータが
直接タブレットに取り込めるのは嬉しい』

気になったものや景色を参考にデジカメに収めることもあるのですが、このタブレットはマイクロSDカードが直接差し込めるので、アダプターなどを介さずにすぐに取り込めるところが非常に便利。撮った写真をその場で引き伸ばしてみることができるから、助かります。


SORIMACHI’S Review 4

『さらに、タブレットからPCに
簡単に移動できるのが便利』

タブレットとPCのマルチスクリーンコラボレーション機能を使えば、タブレットに取り込んだデータをドラッグ&ドロップで移動できるからすごく便利。参考になる写真をPCの方に移動して、タブレットでラフスケッチを取る。そういう作業ができるのもいいですね。


SORIMACHI’S Review 5

『どこに行くにも携帯しやすいし、
バッテリーの持ちもいいから安心』

以上の機能を使いこなせば、打ち合わせもスムーズに進みますよね。調べながらスケッチができれば打ち合わせの内容もよりクリアに記録しておけますので。バッテリーの持ちもいいので、出かける時はどこに行くにしてもとりあえず携帯するという感じになりそうです。


SORIMACHI’S Review 6

『映像も音も綺麗』

映像もすごく綺麗だし音もいい。出張先などでは映像を見たり、音楽を聴いたりすることもありますが、そういった時もこれ一台があれば何かと便利ですよね。重宝しそうです。

ソリマチさんの生の声はぜひ動画でチェックを! サラサラとラフスケッチを描く様子は貴重。ぜひその目でMate Padの便利さを確かめてみて!


お問い合わせ先
HUAWEIコールセンター TEL:0120-798-288



 ファーウェイ公式サイトはこちら


Cinematographer&Editor:Koki Hatano
Director&Text:Jun Namekata(The VOICE)