"俺たちの私服LOVE!"

品があってイージーにも履ける、しかも疲れにくい最強ブーツとは?スタイルやトレンドにかかわらず、変わらない価値を持ち続けるもの。ファッションのプロがうなった「ワードローブからなくなってしまったら困る」オーセンティックなアイテムを聞いた。ヘアスタイリスト 矢口憲一さんが愛用する最高の一足とは?これぞ新定番! オーバーサイズの「マッキントッシュ」ゴム引きコートスタイルやトレンドにかかわらず、変わらない価値を持ち続けるもの。ファッションのプロがうなった「ワードローブからなくなってしまったら困る」オーセンティックなアイテムを聞いた。南 貴之さんが普遍性を感じたコートとは?耐久性抜群! ハズシにも使えるアウトドアブランドのソックスとは?スタイルやトレンドにかかわらず、変わらない価値を持ち続けるもの。ファッションのプロがうなった「ワードローブからなくなってしまったら困る」オーセンティックなアイテムを聞いた。メイデン・カンパニー PR 柳 雅幸さんの鉄板アイテムとは?オーダーもできる! インディビジュアライズド シャツが愛される理由スタイルやトレンドにかかわらず、変わらない価値を持ち続けるもの。ファッションのプロがうなった「ワードローブからなくなってしまったら困る」オーセンティックなアイテムを聞いた。今回はムロフィス ディレクター 中室太輔さん、こだわりのオーダーシャツを紹介。素材が最高! 1LDKディレクターが選んだ名作タートルネックとは?スタイルやトレンドにかかわらず、変わらない価値を持ち続けるもの。ファッションのプロがうなった「ワードローブからなくなってしまったら困る」オーセンティックなアイテムを聞いた。1LDK ディレクター 三好 良さんが出会った、唯一無二のカットソーとは?冬に欠かせない紳士の装飾品、レザーグローブの最高峰「デンツ」スタイルやトレンドにかかわらず、変わらない価値を持ち続けるもの。ファッションのプロがうなった「ワードローブからなくなってしまったら困る」オーセンティックなアイテムを聞いた。サンカッケー デザイナー 尾崎雄飛さんが選んだ、冬に必要不可欠なアイテムとは?散らかりやすい靴の収納、達人2人のこだわりの「入れ方」とは!?靴を買うのは楽しいけれど、整理が悩みの一つ。みんながどうやって収納しているのか気になるところ…。靴好きの自宅を見てわかった、華麗なる収納術を紹介!俺たちの私服LOVE! 小木POGGY基史さんの「ジャケット哲学」大人男子の「至福の私服」をクローズアップ! その着こなしが世界中から注目を集める、ユナイテッドアローズ&サンズ ディレクター小木POGGY基史さんのジャケット愛とは?大人に似合うスポーツアイテム、達人5人の選択「いい服」なだけじゃない、「実際に手に入れたい、着倒したい私服」には個人的理由がある。大人に似合うスポーツアイテム、どう選ぶ?スタイリスト&エディターが選ぶ、これ1着でかっこいい絶品コート4「いい服」なだけじゃない、「実際に手に入れたい、着倒したい私服」には個人的理由がある。大物のコート選びにこそ参考にしたい。おしゃれ好きの「買ってよかった」この冬着倒したい服ベスト5「いい服」なだけじゃない、「実際に手に入れたい、着倒したい私服」には個人的理由がある。服好き5人の熱烈推しアイテムがこちら。達人5人が着倒したい! ラグジュアリーブランドの感動5アイテム「いい服」なだけじゃない、「実際に手に入れたい、着倒したい私服」には個人的理由がある。達人が魅せられたラグジュアリーブランド5アイテムの"感動"ポイントとは?トレンドの「おっさんず服」、大人はどう着る? モデル・リヒトの私服にヒントクラシックでいなたい雰囲気が魅力の“おっさんず服”は今季の注目スタイルのひとつ。「トレンドに関係なく、昔からおっさんず服が好きでした」というモデル・リヒトのお気に入りはこの7着。それぞれのエピソードとともに着こなしのコツを教えてくれた。俺たちの私服LOVE! パタゴニアを愛してやまない男たちアウトドアブームを牽引し、多くのファンを獲得してきたパタゴニア。そんな老舗ブランドの今ではめったに見られない珍しいアイテムや“らしくない”ウェアを見せてもらった。愛用歴15年。高橋幸宏さんが「トム ブラウン」のスーツに惹かれる理由「私服」って、その人となりを、時にその人自身より雄弁に物語ってくれるもの。「40歳男子の私服LOVE!」と題し、50人以上の至福のワードローブを特集したUOMO1月号より、ミュージシャン・高橋幸宏さんのインタビューを動画で紹介する。俺たちの私服LOVE! エンジニアド ガーメンツ 鈴木大器さんがいちばん長く着ている服は?「私服」って、その人となりを、時にその人自身より雄弁に物語ってくれるもの。それは万人の目にオシャレに映るものではないかもしれないし、理解されないこともあるかもしれない。でも、どうだっていい。だって「好き」なんだから! エンジニアド ガーメンツ デザイナー 鈴木さんにとっての、至福の私服は?俺たちの私服LOVE! N.ハリウッド尾花さんが夢中の、日本未上陸スケートブランドとは!?「私服」って、その人となりを、時にその人自身より雄弁に物語ってくれるもの。それは万人の目にオシャレに映るものではないかもしれないし、理解されないこともあるかもしれない。でも、どうだっていい。だって「好き」なんだから! 欲しがりな大人男子の、至福の私服をクローズアップ!!