053:

エフシーイー×ディガウェルの
ダウンジャケット

音成 健さん/駿河台 矢口 店長

「“バイクに乗ること”が大前提。明るいカラーの一着を主役にコーディネート」

「普段、バイクに乗る時間が長いので、冬のアウターは軽量で動きやすいショート丈、そして防寒性が高いことが譲れない条件。この冬購入したばかりのダウンは、夜道を走っていても沈まず、しっかりと目立つようなオレンジ色で選びました。ややブラウンがかった、くすんだトーンは他にはない色合いで気に入っています。今日はデニムのセットアップを合わせつつ、足もとはバイカーらしく『ヴァイヴァーグ』のエンジニアブーツをコーディネート。身幅にゆとりがあるデザインのため、中に多少着込んでも余裕があるんです」

「スポーティさをほどよく軽減したデザインがお気に入り」

「表面はあたたかみのあるウール混素材、ライニングはイエローを効かせた遊び心のあるストライプ柄になっているところがポイント。ダウンジャケットにありがちなスポーティさは控えめで、手持ちの服にも何かと合わせやすいですね」

「他に『ロッキーマウンテン』や『パタゴニア』のダウンも愛用中。真冬の暖かい日はダウンだとちょっぴり暑く感じることもあるので、そんな時のために次は、一枚でも重ね着でも着られるようなインナーダウンを手に入れたいです」

音成 健さん/駿河台 矢口 店長
ヘアメイクアップアーティストの矢口憲一さんが手がけるヘアサロン「駿河台 矢口」の店長。仕事の日は、ぱっと着るだけでサマになるセットアップを着ることが多い。

Photos:Atsushi Kimura
Text:Kumiko Nozaki