045:

カリマーのダウンコート

西又潤一さん/スタイリスト

「個人的にはもっとも洒落ているロケジャン」

「撮影の仕事では、極寒の地や雪山まで行くことも。ここぞという時のための最強ダウンを探していたところ、カリマーのダウンコートに出会いました。ダウンとフェザーがしっかり詰まっていてかなり肉厚。ジャケットではなく、ロング丈のダウンコートというのが頼りになります。実際に冬の長野の仕事ではひとり勝ちでしたね(笑)。過酷な寒さを乗り切れるスペックながら、見た目にはソリッドにデザインされているのも素晴らしい。ダウンパックのステッチを外に出さないつるりとした表地に、シルバーのジップが映えてモダンです。今日は古着のリーのデニムに合わせてモッズコートの延長くらいのラフな感覚で着ました。蛍光カラーのキャップやグローブを合わせて可愛げあるスタイルにするのもアリですね」

「細部に至るまで信頼の防寒力」

「首まわりにもたっぷりダウンが入り、フードの立ち上がりの良さが特徴。マフラーは必要ないほど安心できます。撮影時のロケバスには“ロケジャン”と呼ばれるダウンコートが積まれているものですが、この一枚を入手して以来、頼ったことはありません。個人的にはこれがもっともシャレているロケジャンなので」

「全てのポケットの裏地がフリース素材。フロントのスリットポケットはハンドウォーマーになるし、内側のジップポケットからちょっとした小物を取り出す時も冷たくない。細やかな気配りが嬉しいですね」

西又潤一さん/スタイリスト
UOMO 本誌、ウェブともに多数の企画のスタイリングを担当。私服も仕事もクリーンでミニマルなスタイリングが持ち味で、雑誌・カタログ・広告と幅広く活躍中。

Photos:Takahiro Idenoshita
Text:Takako Nagai