043:

パタゴニアのプルオーバーダウン

豊田慎一郎さん/ロケバス運転手

「現行にないカラーに一目惚れ。“ネオ・ヴィンテージ”な一着」

「”NEO VINTAGE(ネオ・ヴィンテージ)”と呼ばれる2000年代初めのパタゴニアを集めていて、こちらは古着屋で見つけました。どこを探してもない色だったのと、プルオーバー型に一目惚れ。古着市場でもなかなか出回らないものだったので、発見できたのは奇跡的でした。ビビッド過ぎないマンゴーイエローと裏地の赤の組み合わせはパタゴニアファンにはたまらない逸品です。インナーとして着るなら、Tシャツに合わせ上からジャケットを羽織るような感じで。アウターとして街で着るときは、今日みたいなスラックスや革靴を合わせるなど、全体的にアウトドアすぎないように心がけています」

「仕事にも登山にも、場所を問わず着られる万能さ」

「首元がざっくり開けられる深めのハーフジップもお気に入りのポイントです。今日みたいにシャツを合わせてもいいし、タートルネックとも相性が良い。インナーで雰囲気が変わるのでスタイリングの幅が広がります」

「カンガルーポケットは見た目以上に大容量でモノがたくさん入り、裾やフードはドローコード仕様なので防寒機能も高め。軽くて持ち運びも容易なので、趣味の登山でも重宝しています」

豊田慎一郎さん/ロケバス運転手
40歳を前に登山にハマり、自然回帰。月1で山に登り、車を登山用に買い替えるほど山をこよなく愛する。

Photos:Takahiro Idenoshita
Text:Kohei Horikomi