042:

リーバイスの古着ダウンジャケット

津島大地さん/カメラマン

「“Gジャン”のような佇まいは唯一無二。さっと羽織れる気軽さも魅力です」

「ヴィンテージショップで購入した『リーバイス』のダウンジャケットは、ゆとりがある身幅と短めの丈がすごく今っぽくて、どこかGジャンを彷彿とさせるデザイン。だからこそ気負わずに羽織れるし、アメカジがベースの普段のスタイルにもバランスが取りやすいんです。今日はダウンが“ザ・古着”という佇まいなので、全身ラフに見えないように、落ち着いた配色のボーダーニットや『エンジニアド ガーメンツ』のコーデュロイパンツとコーディネート。足もとは『パラブーツ』のモンタナで少し上品にまとめてみました」

「色褪せたようなカラーは古着ならでは。随所にこだわりを感じます」

「色褪せたトーンや裾のリブ使い、そしてちゃんとリーバイスのタブがついているところが気に入っています。古着のダウンは他にも持っているのですが、最近のダウンにはないユニークなタイプが見つかるのがいいですね」

「次に欲しいのは、きれいな色のダウンベスト。カラーアウターは僕にはまだ冒険アイテムですが、ベストなら迫力が出すぎないので無理なく取り入れられそう。くすんだグリーンなど、なじみのいい寒色でトライしてみたいです」

津島大地さん/カメラマン
ECサイトでの勤務を経て、現在は商品PR動画制作に携わるフリーのカメラマンとして活躍中。普段、他に愛用しているのは『ジュンヤ ワタナベ』のダウンジャケット。

Photos:Atsushi Kimura
Text:Kumiko Nozaki