#01 LEMAIRE|ルメールの春コートコーデ

久々に白を着たいと思わせてくれた
冬には冬の、春には春のコートの役割がある。肌寒いからって、いつまでも重たいウールのコートに身を包んでたんじゃ野暮ったいことこのうえない。これからは軽やかなコート一択。シャツの上にはおっただけでもラフに見えず、しゃんと背筋が伸びるような――。ルメールの新作は、コットンポプリン素材ならではの張り感が気持ちいい。そして何より新しい季節に映えるフレッシュなホワイト。微妙にオフホワイトがかった色合いだから大人が着ても浮かない。気持ちはもう春を向いている。コート¥121,000・パンツ¥52,100・ブーツ¥82,600/ルメール(エドストローム オフィス) シャツ¥38,000/ヘリル(アンシングス) メガネ¥74,000/ミスター・ライト(ブリンク外苑前)

→ルメールの春コートコーデを詳しくみる


#02 CELINE|セリーヌの春コートコーデ

お手本はセルジュ・ゲンスブール。パリジャンデニムがくる!
今季のセリーヌのコレクションを見て、長らくご無沙汰だったセルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの’70年代風デニムスタイルが気になり始めた。つまり、フレアシルエットと再び向き合うということだ。でも求めているのはヒッピームードではなく、あくまでジャケットやシャツ(時にはタイドアップ)で品よく洒脱、パリジャンのようにクリーンな着こなしだ。セリーヌの新作は膝からのフレアが緩やかかつセンタークリース入りなので、当時のデニムより圧倒的にスマート。選び方も着こなしも大切なことはすべてセリーヌが教えてくれる。ジーンズ¥87,000・コート¥340,000・ベルト¥55,000・シャツ¥95,000・タイ¥22,000・シューズ¥96,000(すべて予価)/セリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)

→セリーヌの春コートコーデを詳しくみる


#03 ACNE STUDIOS|アクネ ストゥディオズの春コートコーデ

程よくシュッとしたテーパードにチェック。それだけで新鮮だ
テーパードシルエットも全体的に細身のものを選ぶのが気分だ。センタークリースが入ったバレナのチェックのスラックスは、ややスリムフィットでやわらかくテーパードしたレッグラインが特徴。全体をブラウン、ベージュなど同系色ですっきりまとめることで、チェックを嫌みなく馴染ませた。パンツ¥36,000/バレナ(トゥモローランド) コート¥72,000/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) ニット¥34,000・Tシャツ¥12,000/オーラリー メガネ¥39,000/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) シューズ¥23,000/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン)

→アクネ ストゥディオズの春コートコーデを詳しくみる


#04 MACKINTOSH|マッキントッシュの春コートコーデ

スタンダードな5ポケットの白チノを端正にはく
久々にスリムフィットなストレートカットのパンツもはきたい。A.P.C.のコットンギャバジン素材の「クラシックチノ」なら、細すぎず、大人でも安心のシルエットで手持ちの服にもすっと馴染む。裾のみ軽くテーパードがかかっており、ボリュームのある革靴を合わせると収まりがいい。パンツ¥23,000/アー・ペー・セー(アー・ペー・セー カスタマーサービス) コート¥198,000/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店) スウェット¥9,900・Tシャツ¥7,900/ロサンゼルス アパレル(ビューティ&ユース 渋谷公園通り店) ニットキャップ¥8,600/カムズアンドゴーズ(alpha PR) メガネ¥39,000/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) ベルト¥27,000/シャンボール セリエ(八木通商) シューズ¥65,000/パラブーツ(パラブーツ青山店)

→マッキントッシュの春コートコーデを詳しくみる


#05 HEUGN|ユーゲンの春コートコーデ

白×ネイビーのツートーンカラーでかわいくなりすぎず、今っぽく着こなす
メゾン キツネのネイビーフーディはキツネのワンポイントと白いドローストリングが特徴。かわいくなりすぎず、今っぽく着るなら色数を絞ることが重要。コートはボディと同色のネイビー、パンツはドローストリングの色に合わせて白を選ぶ。すっきり知的で好印象に仕上がる。パーカ¥32,000/メゾン キツネ(メゾン キツネ カスタマーセンター) コート¥98,000/ユーゲン(ワイルド ライフ テーラー) パンツ¥24,000/シオタ(スティーブン アラン トーキョー) シューズ¥52,000/ソロヴェアー フォー MHL(アングローバル) ソックス/スタイリスト私物

→ユーゲンの春コートコーデを詳しくみる


#06 HERILL|ヘリルの春コートコーデ

ヴィヴィッドなブルーでおじさんコートを着崩す
14.5オンスもある超肉厚素材が特徴のブルーフーディは、コンサバなベージュのステンカラーコートのインに効かせて。コートの袖をまくり手首からブルーを見せるとスパイスになる。パーカ¥19,000/イーストファーイースト(ブツヨク ストア) コート¥280,000/ヘリル(アンシングス) パンツ¥30,000/ベルナール ザンス×レショップ(レショップ) メガネ¥36,000/アーチオプティカル(コンティニュエ)

→ヘリルの春コートコーデを詳しくみる


#07 HERILL|ヘリルの春コートコーデ

ブラックウォッチのガウンをコートのライナー的に活用してみるアプローチ
「これはL.L.Beanですが、どこでもよく見かけるブラックウォッチのガウン。さすがにいい大人がこれ一枚で着るのは野暮ですが、こんなふうにコートの裏地やライナー感覚で着るのは面白い。丈を揃えすぎないのがポイント」。ガウンコート¥8,400/エル・エル・ビーン(L.L.Beanカスタマーサービスセンター) コート¥350,000/へリル(にしのや) シャツ¥25,000/グラフペーパー スウェットパンツ¥23,000/イズネス(alpha PR) スニーカー¥58,000/コモン プロジェクト(トゥモローランド) メガネ¥58,000/10eyevan(コンティニュエ)

→ヘリルの春コートコーデを詳しくみる