服がベーシックだから色使いは対照的に

今泉 悠さん(ayame デザイナー)
ピンクとネイビーの対照的な組み合わせが最近の気分。「ピンクといってもこのくらいちょっとくすんだものがいい。それをポイントにしつつ、ほかはネイビー〜ブルー系でまとめる感じが調子いいですね」。


下半身が緑は僕の中では地味なほう

山本雄生さん(フォトグラファー)
「下半身を派手にすることが好きですが、単色だと緑が多いです。この『山と道』のパンツは抜群のはき心地だけど、よくあるミリタリーグリーンより明るくて上品じゃないですか?」。ブルゾンはアンユーズド。


黒×ベージュ×グレーは
日本人男性に合う魔法の3色

関内健太郎さん(トゥモローランド PR)
「黒・ベージュ・グレーの普遍的な色の組み合わせは日本人と相性がいい。これらをスタイルのどこかに取り入れるのが定番」。黒ジャケットはサルヴァトーレ・ピッコロ、ベージュのパンツはトゥモローランド。


ジャンルが違うものは
ベージュでゆるっと統一してみる

森山真司さん(ディストリクト ユナイテッドアローズ セールスマスター)
「オーセンティックなアイテムを着こなしで面白く見せるスタイルが好み。一見バラバラな服もベージュでまとめることで肩の力が抜けた印象に統一」。ディストリクトのジャケットに古着のジャンプスーツを着用。


ブルーとブラウンの
組み合わせはやっぱり鉄板

金子恵治さん(レショップ バイヤー)
「意識しているのは色味のトーンを合わせること。フェード感のあるトーンで統一するだけでも、いい感じでしょ」。レザージャケットはリパーパスで、ベストとパンツはヴィンテージ。


Photos:Kenta Matsubayashi(Mr.Yamamoto)
Takahiro Idenoshita(Mr.Moriyama & Mr.Sekinouchi)
Go Tanabe(Mr.Kaneko) Jun Namekata[The VOICE](Mr.Imaizumi)
Interview & Text:Jun Namekata[The VOICE] Hisamoto Chikaraichi