箱の中身は、いったい何だろう?

BOTTEGA
VENETA

ボッテガ・ヴェネタのニット

細部まで職人技が宿るボッテガ・ヴェネタらしく、滑らかな質感のリブニットは、繊細な編み地がさりげなくもラグジュアリーなムード。2種類のウールをダブルフェイスで仕上げており、表はさらりとしたドライタッチ、裏はふんわり起毛した肌触りが心地よい。なおショルダーには、アイコニックなゴールドのノット(結び目)のメタルモチーフが3連で施され、シンプルなスタイルに輝きのアクセントを添えて、服にも気分にもハッピーな華やぎを与えてくれる。

ニット¥184,800/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)


ボッテガ・ヴェネタのセットアップを着た竹内涼真

直線的なフォルムのセットアップは、独自の3D生地による奥行きある表情。新作のバケットバッグはイントレチャートのストラップに、同イントレチャートを織り柄で表現したボディ、ノットモチーフのカラビナと、メゾンの象徴を打ち出しつつも、時代に即した軽やかなデザインに。足元に抜け感を出したスタイルまるごと欲しくなる。

ジャケット¥327,800・パンツ¥117,700・タンクトップ(参考色)¥57,200・シューズ¥341,000・バッグ 縦41㎝×横28㎝×マチ12㎝ ¥346,500/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)


ボッテガ・ヴェネタのブルゾンを着た竹内涼真 ボッテガ・ヴェネタのトートバッグを持った竹内涼真

懐かしいウォッシュドデニムにクラシックな金茶のステッチを施したブルゾンは、インにもアウトにも着られるオーバーサイズ。中綿入りで暖かさも申し分なし。新作のトートバッグは、重厚な織りのファブリックとスムースレザーが互いを引き立て合い、ノットのフックの輝きが映えるリッチな佇まい。ハンドルは手提げも肩掛けもできる長さで、日常でも小旅行でも使いたい。

ジャケット¥218,900・タンクトップ(参考色)¥57,200・バッグ 縦31㎝×横40㎝×マチ13㎝ ¥280,500/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)


ボッテガ・ヴェネタのショート丈ジャケットにワイドテーパードパンツを着た竹内涼真

ショート丈ジャケットにワイドテーパードパンツなら、男前にすぎるレザーのセットアップも挑戦しやすい。経年変化が美しいフルグレインレザーを使用し、育てる楽しみ込みで贅沢。ボルドーのトートバッグは全面をスクエアに仕上げた新作で、サンダルはサステナブルなEVA素材を使用。チャンキーなフォルムにも遊び心がある。

レザージャケット¥587,400・レザーパンツ¥587,400・サンダル¥60, 500・バッグ 縦33.5㎝×横33㎝×マチ33㎝(参考色)¥660,000/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)


ボッテガ・ヴェネタのトレンチコートを着た竹内涼真 ボッテガ・ヴェネタのハイカットスニーカーを履いた竹内涼真

高密度に織り上げた素材を構築的なパターンでラフにはおれる一着に仕上げたトレンチコート。同素材のジャケットとパンツは袖や裾のジップでシルエットを自由に調整可。カーキを軸にした大人なスタイルに、今季はブーツでなくボリューミーなハイカットスニーカーが新鮮。曲線的なソールがスポーティ&ラグジュアリーな一足は大人のギフトにふさわしい。

コート¥327,800・ジャケット¥235,400・シャツ¥110,000・パンツ¥159,500・タイ¥25,300・スニーカー(参考色)¥148,500/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)


ボッテガ・ヴェネタのシャツとスラックスを着た竹内涼真

4種類の素材を織り混ぜて起毛させたツイル生地は、立体的な陰影がシック。シャツはシャープな襟にスクエアのパッチポケット、スラックスはワイドなベルトループに深いタックと、ソリッドなディテールで仕立てた。丸みのあるアッパーと厚底が特徴的なローファー、キャンバス素材のアイコン「アルコ トート」で軽やかさも忘れずに。服に小物に…ギフト万歳! 

シャツ¥184,800・パンツ¥201, 300・ローファー¥154,000・バッグ 縦34.5㎝×横46㎝×マチ11㎝ ¥346,500/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)


Ryoma Takeuchi
1993年東京都生まれ。「陸王」「テセウスの船」(TBS系)、配信中の「君と世界が終わる日に Season1〜3」(日本テレビ系)、「六本木クラス」(テレビ朝日系)、映画『太陽は動かない』『アキラとあきら』などさまざまな作品に出演。


お問い合わせ先
ボッテガ・ヴェネタ ジャパン
TEL:0120-60-1966

ボッテガ・ヴェネタの公式サイトはこちら
Model:Ryoma Takeuchi 
Movie director:Yohei Suzuki
Videographer:Satoru Tateoka
Photos:Kenta Sawada 
Hair&Make-up:Tomokatsu Sato 
Stylist:Takashi Tokunaga 
Text:Takako Nagai