俳優・竜星涼がスタイリスト・西又潤一と自由にトークをしながら生着替え。現場にはセオリーの今季のアイテムが多数スタンバイ。撮影現場での二人の会話から生まれる5つのスタイルに注目だ。それではスタイリングLIVE、スタート。



ブラックを軸に、
ミニマルなスタイリング

まずは人気のテーパードパンツに注目。きれいなシルエットを頼りに、大人のカジュアルスタイルを探った。

竜星:「このパンツはとにかく伸びがよく、気持ちがいい。上品なシルエットが気に入りましたし、程よいゆとりがあって快適です。ジップアップニットが同じく滑らかで心地いいですね。さらりと羽織るだけでキマります。上下ともにブラックになりましたが、黒は昔から好きな色です。そういえば西又さんには昔からモノトーンでシックなお洋服をご用意いただいてましたね」

西又:「竜星くんは20代前半の頃からモードなイメージでしたが、大人になった今、セオリーの削ぎ落とされたデザインがよく似合います。ブラックをメインにしながらも強い印象にはならず、余裕のある佇まい。上質な素材とシルエットの妙ですね。極細のメリノウールで編み上げたニットは、程よい肉厚さとジップのツヤ感が丁度いい。洗練されて見えます」

POINT

美しいテーパードシルエットのパンツは、スラックス仕様ながら内側にはドローコード付きでリラックスした着心地。ニットはインナーの見せ具合や全身のバランスを調整しやすいダブルジップ仕様。上質なカジュアルスタイルにはもちろん、ビジネスシーンにも馴染む。

パンツ¥31,900・ニット¥34,100・シャツ¥22,000・シューズ¥31,900/セオリー


身も心もアクティブになる、
新しいスーツスタイルを発見

竜星:「このスーツってジャージー素材なんですか!? …でも納得です。軽々とジャンプもできるほど身体の動きに付いてくる。僕自身、仕事の移動にはイージーウェアを選びがちでしたが、これなら傍目にはきちんとしてるけど、こっそりリラックスして過ごせますね(笑)。スーツを毎日着る人には是非、オススメしたいです。ちなみにニットもすごく気持ちいい。ニットには少々うるさいのですが、これは一枚で肌着にできるほどソフトに感じます」

西又:「オシャレな竜星くんも納得のスタイリングで良かったです(笑)。ジャケットとパンツは一見、ウールなのに、驚くほどストレッチが効いていてシワになりにくいのも魅力です。大人にとっては清潔感をキープすることも機能性のひとつですしね」

POINT

ウールメランジ調のプリントを施した生地。伸縮性の高いジャージー素材を、まるでウールのように仕上げビジネスシーンでも活躍する。パンツはセオリー定番のシルエットZAINEで、フロントは上品なスラックスのデザインながらバックはゴムの仕様。快適な履き心地が人気だ。

ジャケット¥49,500・ パンツ¥26,400・ ニット¥22,000・ シューズ¥31,900/セオリー



ツイード柄の新素材で、
美しいスーツスタイルを


竜星:「ブルーともネイビーともつかないニュアンスのある生地には、ワンランク上の雰囲気を感じます。フォーマルな白シャツにも、カジュアルダウンの黒いニットにもマッチしますね。エレガントだけれど、肩肘を張っている印象にはなりません。実際の着心地も、伸びがいい素材で快適です。スーツを頑張らずにこなせてしまう。このスタイルでバーなんかに行きたいですね。」

西又:「機能素材にツイード柄が細やかにプリントされていて、ウールの風合いなんです。ハリのある生地感も美しい。よくお似合いです。」

竜星:「嬉しいです。ちなみにモックネックも昔から大好きですがこれは襟元のフィット感が素晴らしい。大人になるにつれて、ごわつくような服は避けるようになってしまい…着心地が大切になりました」

POINT

上品なふくらみとハリのあるセオリーの定番素材に、ツイード柄をプリントした新しい生地が登場。“Theory Wardrobe”と名付けられた名品ジャケットとパンツを今季らしく仕立てた。縦と横に伸縮するストレッチ性に、速乾性と耐久性を備え、シワになりにくいのも特徴。

ジャケット¥55,000・ パンツ¥29,700・ ニット¥24,200・ シューズ¥31,900/セオリー



セットアップで取り入れる、
大人のためのカーゴパンツ

竜星:「プライベートでもセットアップをよく着ますが、これはシャツ型ジャケットとカーゴポケット付きパンツという、少しの遊び心に惹かれますね」

西又:「トレンドのカーゴパンツはどうしても軍モノ由来の土くささが出てしまうものですが、セオリーが作ると上品。キレイなテーパードシルエットと、シックな色選びが新鮮です」

竜星:「個人的にはTシャツをタックインして、カーゴのデザインを引き立てながら着たいですね。とはいえこのセットアップの楽しみ方は幅広い。ジャケットをバサッと羽織って抜け感を出してもいいし、ボタンを全て閉じてシャープなセットアップ感を堪能してもいい。単品でも着回せますよね」

POINT

シャツジャケットは、程よくゆとりのあるボックスシルエットが都会的。カーゴパンツは、フラップポケットをすっきりしたデザインにアップデートし、センタープレスを入れたことで、あくまで品よく仕上げた。ともにセオリーオリジナルの新素材を採用し、ストレッチ性となめらかな光沢感が魅力だ。

ジャケット¥49,500・ パンツ¥31,900・ カットソー¥18,700・ シューズ¥31,900/セオリー


気品のある旬色で、
高感度なカジュアルスタイルをつくる

西又:「前のスタイリングでカーゴパンツを穿きましたが、同じ素材のタックパンツもあります。オリーブ色なんていかがでしょう?」

竜星:「すごく好きです。20代前半の頃は色モノを進んで選ばなかったのですが、最近は大人にこそ似合うカラーがあると気付いてきました。まさにこのオリーブは、渋くて上品。そしてタックパンツというアイテム自体も好みです。クラシックなデザインですし脚をきれいに見せてくれる。このテーパードシルエットは、細すぎず太すぎず、美しさと着心地が計算され尽くしていますね。スニーカーでややハズすくらいが自分らしいです」

西又:「素敵な大人の男性、という佇まいです。確かにこのパンツは、シルエットも素材も絶妙。歳を重ねるほど細かいディテールが気になりますよね」

竜星:「今日は、上品かつ心地いい服に、ミニマルな引き算のスタイリングと、出会いがたくさんありました。それにしても西又さん、昔から素材や生産背景を大事にされているので安心して頼れます。」

西又:「そういう竜星君こそ、僕の説明なんていらないくらい本当に服好きですね」

POINT

前のスタイリングで着たシャツジャケットの、ブラックを着用。ニットとパンツを同色で合わせた今らしいスタイルを、羽織るアウターで引き締めた。タックパンツのウエスト内側にはドローコード付きで快適に過ごせる。

ジャケット¥49,500・ パンツ¥31,900・ ニット¥26,400・ シューズ¥31,900/セオリー


このスタイリングLIVEのムービーは10月3日にアップ予定です。


Ryo Ryusei
1993年生まれ、東京都出身。 2010年、ドラマ『素直になれなくて』で俳優デビュー。近作ではドラマ「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京)で主演を務める。2022年前期NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(NHK総合)に出演。



お問い合わせ先
リンク・セオリー・ジャパン 
TEL:03-6865-0206 


セオリーの公式サイトはこちら▶︎
Model:Ryo Ryusei
Photos: Masanori Akao
Hair&Make-up: TAKAI
Stylist:Junichi Nishimata
Text: Takako Nagai