新しい日常の時計は、“安心できる”1本が正解

オンライン座談会


1.篠田哲生/時計ライター
さまざまな媒体で時計記事を担当する時計ライター。スイス取材の経験も多く、国内外の時計に精通。

2.リヒト/UOMOモデル
ポートランドと日本を往復しながら暮らす。スイス取材に同行したこともあるほどの時計好き。

3.大村次春/弁護士
セ海外生活経験も豊富な辣腕弁護士。ファッション好きで、TEAM UOMOとして誌面に登場することも。

4.金子恵治/レショップ コンセプター
セレクトショップのバイヤーを経て2015年に「レショップ」を立ち上げるファッション界の目利き。


前半を見る



大村 僕も初期の頃はラフな格好でオンライン会議に参加してましたが、録画した自分の映像を見て、あ、これじゃいかんと(笑)。今は基本的に、外でその人と会うときと同じ服装ですね。必要であれば、自宅でもジャケットを着るようにしています。

篠田 となると、薄型や小型の時計が、出番が多くなりそうですね。シャツの袖がもたつくのは嫌だし。

リヒト 家にこもっていても、仕事の時間はきちんとしないとね。その代わりに外に出るときは、その時間をしっかり満喫したい。今年は遠出もできないだろうから、近所でバーベキューかな。そういう休日用の時計があってもいいかも。

大村 僕は誰もいない近所の山寺で、トレイルランをしてます。おかげでランニングウォッチの登場頻度がかなり増えましたね。

金子 僕もスマートウォッチが活躍してますね。以前はランニングしながら出社していたので、いろいろなデータを取得できて便利でしたが、今でも家の中でライフトラッキング用としてずっと時計をつけてます。


金子恵治が選んだ

JAEGER-LECOULTRE
《 マスター・コントロール・デイト 》

ケースの磨きなどを進化させた名門のドレスウォッチ。ケース厚も8.78㎜に抑えており、スマートな着こなしに馴染む。ストラップ素材はノボナッパ®のカーフレザーで、使い込むほど味わいが増す。「名門ブランドの普遍的な時計は一生付き合える。ちょうどいいモダンさもありますね」。使うシーンを選ばず、シャツにもカジュアルにも似合う。自動巻き。SS。ケース径40㎜。¥724,000/ジャガー・ルクルト


篠田 シーンに合わせて時計を使い分けるというのは、これまでもこれからも変わらぬ時計との付き合い方ですね。

大村 僕は人生の節目を飾るものとして、時計を買ってきました。それは今後も変わらないと思うんですよね。あとは、こういう先行き不透明な時代だからこそ、次の世代へと継承できるような正統派のクラシックウォッチなんかいいですよね。


大村次春が選んだ

HUBLOT
《 ビッグ・バン インテグラル 》

誕生15周年を迎えた名作「ビッグ・バン」が、初めてケースと一体型のブレスレットモデルをリリース。クロノグラフのメカニズムが丸見えで迫力は満点だが、ケース径が42㎜でバランスがよく、軽いチタン素材のおかげで手元への馴染みもよい。「ギラギラのウブロとは違った成熟した魅力があり、まさにリモート映えもしそうです」。自動巻き。Ti。ケース径42㎜。¥2,220,000/ウブロ


金子 パテック フィリップなど価値の変わらない名門ブランドの時計は、やっぱり気になるなあ。

篠田 実際に時計店に話を聞いても、“名門の定番”の人気は絶対ですからね。ただし欲しい人が多すぎて、入手困難というのが問題ですけど。

リヒト でも正統派のクラシック時計は、場所を選ぶよね。僕が暮らしているポートランドだと、そういった時計は目立ちすぎる。一流でももっとシックなモノがちょうどいいので、もっぱら日本の時計ですね。

大村 その気持ちもわかります。僕も機械式時計が好きですが、海外では日本の電波時計ですね。時差修正が簡単という実用的な理由もありますが。

篠田 日本の時計であれば、メンテナンスも国内で行うのでやりとりもスムーズ。安心して使えるのは大きなメリットでしょうね。不安定な時代だからこそ、この“安心”っていう要素は、時計選びにとっても大切になるかも。背伸びをせず、普遍の価値や使いやすい機能、快適さなど、自分に無理させずに使える時計を選ぶ。それが正しいのかもしれませんね。

※SS=ステンレススチール、Ti=チタンの略です。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Arata Suzuki[go relax E more] 
Stylist:Tatsuou Sakai 
Hair:Kazuya Matsumoto[W]
Model:Kohei Ikeue 
Composition&Text:Tetsuo Shinoda