ベルトや文字盤だけでなく、ケースや針、色や形といったあらゆるパーツを自由に選んでオリジナルウォッチを作れるユニークなカスタムウォッチブランド UNDONE(アンダーン)より、イラストレーターの Noritake(ノリタケ)を迎えたコラボレーションモデル第二弾「 Pointing Boy 2.0」が登場だ。

Noritake氏の描く「個性的な男の子」と「その手で時間を示す」というコンセプトから生まれた「Pointing Boy」。「着用する人に笑顔を与えたい」という想いでデザインしたという Noritake氏の狙い通り、ミニマルなデザインの中で淡々と時を刻む男のアンニュイな表情を見ていると、そのユーモラスさに誘われてなぜか微笑んでしまう。

手元に視線が集まるこれからの季節、会話のきっかけにもひと役買ってくれそうだ。アンダーンとNoritakeによるコラボモデル第二弾「Pointing Boy 2.0」は、取り外し可能なストラップと黒のベルベットケースをNoritake特注ボックスにパッケージして発売中だ。


UNDONE X NORITAKE POINTING BOY 2.0(40mm径 / SEIKO Cal.VK64A) ¥39,300
https://undone.co.jp/collaboration/noritaketwo

UNDONE JAPAN TEL:03-5774-1447(代表)
https://undone.co.jp