ヘリテージデザイン

LONGINES
ロンジン ヘリテージミリタリー

池田 誠 / UOMO編集部

価格帯も手に入れやすいし、デザインもレトロでおしゃれ。ロンジンはスイスを代表する老舗ブランドですが、僕らよりちょっと上の世代がつけているイメージもある。だからこそちょっとひねった時計をつけたい人には、ちょうどいい選択肢になるんじゃないかな。


西野大士さん / にしのや ディレクター
時計はもちろんですが、この「ヘリテージミリタリー」という名前もいい。ちょっと今後の仕事の参考にさせてもらおうかな(笑)。


第二次世界大戦時に英国空軍が使用したパイロットウォッチを復刻。簡素な佇まいで本物感を演出。自動巻き。SS。ケース径38.5㎜。¥253,000/ロンジン

新生スマートウォッチ

JUNGHANS
マックス・ビル メガ

行方 淳さん / エディター

すでに僕の周りでは人気の高い定番モデルですが、その進化版が出たというのはニュースですね。機能美デザインながら、スマートフォンと連動するというのは意外性があって面白い。それでいて価格帯は控えめだし、ブランドの強みをしっかりと理解していますね。


水澗 航さん / STUDIO FABWORK 主宰
レトロなデザインですが、スマートフォンと連動するという意外性が面白い。見た目も機能も時計としてのレベルが高いですね。


巨匠マックス・ビルが手がけた腕時計が進化。専用アプリで時差修正などができる。クオーツ。SS。ケース径38㎜。¥128,000/ユンハンス(ユーロパッション)

ダイバーズ

BLANCPAIN
フィフティ ファゾムス バチスカーフ

池田尚輝さん / スタイリスト

ブランパンは現代的なダイバーズウォッチの原点ですが、海系の趣味をもたない僕にとっては、大型モデルはトゥーマッチ。むしろ38㎜の小ぶりなサイズがちょうどいいかな。色気があるので、シャルべのシャツなどにさらっと合わせて使ってみたいですね。


行方 淳さん / エディター
フランス軍の依頼から生まれたという背景もあるし、ダイバーズではなくミリタリーウォッチの感覚でつけるのも楽しそう。


1953年から歴史を刻む傑作ダイバーズ。小径化され、さらにモダンに。自動巻き。SS。ケース径38㎜。¥940,000/ブランパン(ブランパン ブティック銀座)

※文中すべて、SS=ステンレススチール、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、Ti=チタンの略です。


出張メンバーは、池田尚輝(スタイリスト)、水澗 航(STUDIO FABWORK 主宰)、西野大士(にしのや ディレクター)、行方 淳(エディター)、池田 誠(UOMO編集部)の5名。日本橋三越本店の本館6階にある「ウォッチギャラリー」にて、時計の試着を楽しんだ。


日本橋三越本店
本館6階の「ウォッチギャラリー」は、国内外の80を超えるブランドが集まる時計好きの聖地。人気ブランドはもちろん、独立時計師が丁寧に作るレアピースも扱う。
住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL:03-3241-3311 
営業時間:10時~19時

IWC TEL:0120-05-1868
大沢商会(ノモス グラスヒュッテ) TEL:03-3527-2682
セイコーウオッチ お客様相談室 TEL:0120-061-012
ブランパン ブティック銀座 TEL:03-6254-7233
ユーロパッション TEL:03-5295-0411
ロンジン TEL:03-6254-7351

Photos:Eiichi Okuyama[CUVA CUVA]
Composition&Text:Tetsuo Shinoda