ドレスウォッチ

VACHERON CONSTANTIN
パトリモニー・オートマティック

池田尚輝さん / スタイリスト

6時位置にカレンダーが収まる端正な自動巻きモデルには、小ぶりな36㎜ケースもあります。以前なら小さいほうが好みでしたが、華やかなピンクゴールドなら大きめの40㎜ケースがいいかも。名門ブランドらしいエレガントさは、大きいほど存在感を楽しめます。


池田誠 / UOMO編集部
髪が白髪交じりになってきて、すっかり枯れてきた自分がつけるなら、時計には大型&ピンクゴールドケースくらいの華やかさがないとね。


ジュネーブ最古の名門時計ブランドの、歴史の重みが詰まったドレスウォッチ。ケースサイドもダイヤルもやわらかなカーブを描く。自動巻き。18KPG。ケース径40㎜。¥2,680,000/ヴァシュロン・コンスタンタン

A. LANGE & SÖHNE
サクソニア・フラッハ

水澗 航さん / STUDIO FABWORK 主宰

シンプルなドレスウォッチは多くの名門ブランドが作っているので、かなりライバルが多いジャンル。でもこの時計はダイヤルデザインがミニマルで、品のよさが際立っている。ホワイトゴールドケースというさりげなさも、上品な時計好きの僕にはツボです。


池田尚輝 / スタイリスト
A.ランゲ&ゾーネの時計は、もっと高価なイメージがあったので、この価格は驚きでした。上品で美しく、間違いのない時計です。


ジュネーブ最古の名門時計ブランドの、歴史の重みが詰まったドレスウォッチ。ケースサイドもダイヤルもやわらかなカーブを描く。自動巻き。18KPG。ケース径40㎜。¥2,680,000/ヴァシュロン・コンスタンタン

スポーツウォッチ

OMEGA
シーマスター 300

行方 淳さん / エディター

オメガは常に気になる時計ブランドですが、年齢的に2本目、3本目の時計であることを考えると、ちょっとひねったモデルにしたい。そんな気分には、復刻モデルってちょうどいいんですよね。夜光塗料の色もきれいですし、オメガの歴史の深さを楽しめます。


西野大士さん / にしのや ディレクター
オメガという歴史ある時計ブランドならではの品格がありますね。ミリタリー好きの人にとっては、かなり好みのデザインなのでは。


1957年に誕生した初代デザインを引き継ぎつつ、搭載ムーブメントは超耐磁&高精度で現代的。新旧を融合させたダイバーズウォッチ。自動巻き。SS。ケース径41㎜。¥680,000/オメガ(オメガお客様センター)

JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト ポラリス・オートマティック

西野大士さん / にしのや ディレクター

ジャガー・ルクルト=レベルソだと思っていたので、この「ポラリス」は新しい発見でした。スポーティでありながら、名門ブランドらしい品のよさがある。初めに見たときは、ちょっと大きいかなと思いましたが、試着してみると腕への収まりがよくて驚きました。


行方 淳さん / エディター
クラシックなレベルソという王道ではなく、あえてスポーツウォッチという選択に惹かれます。トレンドのブルーダイヤルもきれいですね。


1968年製のアイコンウォッチのデザインを継承。2時位置のリューズは、インナーベゼルの操作用。鮮やかなブルーダイヤルが目をひく。自動巻き。SS。ケース径41㎜。¥798,000/ジャガー・ルクルト

※文中すべて、SS=ステンレススチール、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、Ti=チタンの略です。


prevnext

出張メンバーは、池田尚輝(スタイリスト)、水澗航(STUDIO FABWORK 主宰)、西野大士(にしのや ディレクター)、行方淳(エディター)、池田誠(UOMO編集部)の5名。日本橋三越本店の本館6階にある「ウォッチギャラリー」にて、時計の試着を楽しんだ。


日本橋三越本店
本館6階の「ウォッチギャラリー」は、国内外の80を超えるブランドが集まる時計好きの聖地。人気ブランドはもちろん、独立時計師が丁寧に作るレアピースも扱う。
住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL:03-3241-3311 
営業時間:10時~19時

ヴァシュロン・コンスタンタン TEL:0120-63-1755
A.ランゲ&ゾーネ TEL:03-4461-8080
オメガお客様センター TEL:03-5952-4400
ジャガー・ルクルト TEL:0120-79-1833

Photos:Eiichi Okuyama[CUVA CUVA]
Composition&Text:Tetsuo Shinoda