アクセサリー効果を楽しむならこんな時計を

「ロジェ・デュブイというブランドを知ったのは、今年1月のスイス取材でした。1995年創業の新興ブランドだけど、新しいスタイルをつくる“パイオニア”という印象ですね。時計が艶っぽいので、華やぎが欲しい日のコーディネートにぴったりなんです。
 今回のスタイリングのテーマは、『やり手のエグゼクティブ』。昼は仕事、夜はパーティの予定が入っている…なんて日のスタイルです。ネイビー主体のコーディネートは上品でオンタイムにはぴったりですが、ちょっと“いい子”すぎる印象がある。だけど、艶っぽい時計を加えるだけで、パッと華やかになるでしょ。ただ、こうやって時計をアクセントとして使う場合は、時計自身の品質が相当高くないと服に負けてしまう。その点ロジェ・デュブイは、すべてを自社製造している“本物の時計ブランド”だから、完璧なんだよね」


テーラードのコートのインナーにネイビーのタートルネックニットを合わせ、パンツもネイビーに。さらには、ワントーンコーディネートを仕上げるアクセサリーとして、手元の時計もネイビーダイヤルをセレクトすることで、華やぎと上品さをバランスよくまとめた。時計¥1,420,000/ロジェ・デュブイ

リヒトが欲しい一本!

エクスカリバー 42 オートマティック

ネジの一本まで自社製造するマニュファクチュールブランドであり、ムーブメントの美しい仕上げにも定評がある。「エクスカリバー」は同社のフラッグシップモデルで、華やかな三本ラグやグラフィカルなローマ数字インデックスが特徴。自動巻き。SS。ケース径42㎜。¥1,420,000/ロジェ・デュブイ

このモデルもいい!

エクスカリバー 42 オートマティック

造作の細かいメタルブレスレットを装着することで、一年を通じて快適に使える汎用性の高い時計に。高級な金属の塊のような存在感に加え、手首で感じるずっしりとした重みで、ハイクラスな時計をつけている喜びを実感できる。搭載するムーブメントは、自社製のCal.RD830だ。自動巻き。SS。ケース径42㎜。¥1,670,000/ロジェ・デュブイ

エクスカリバー 42 オートマティック

溶解させたカーボン素材を、圧力をかけて金型に流し入れて製作する特殊なカーボンケースを採用。軽くて頑丈なだけでなく、素材特有の荒々しい模様のおかげで、力強い雰囲気が生まれている。針やミニッツトラックに施した赤の差し色も、デザインとして効果的だ。自動巻き。カーボン。ケース径42㎜。¥1,790,000/ロジェ・デュブイ


※文中すべて、SS=ステンレススチールの略です。


ロジェ・デュブイ TEL:03-4461-8040

Photos:Daisuke Mizushima[D-CORD] 
Hair:JUN GOTO 
Stylist:Naoki Ikeda
Model:Rihito[UOMO Model] 
Composition&Text:Tetsuo Shinoda 
Special Thanks:Sumitomo Fudosan Azabujuban Building
(2018年12月号掲載)

SERIES

「40歳男子に似合う時計」の記事一覧

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがA.ランゲ&ゾーネを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがシャネルを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがチューダーを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがオメガを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがロジェ・デュブイを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがブランパンを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがIWCを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがウブロを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがロンジンを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがグランドセイコーを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがタグ・ホイヤーを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがパテック フィリップを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがハミルトンを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがヴァシュロン・コンスタンタンを選んだら…

【連載 40歳男子に似合う時計】
リヒトがブレゲを選んだら…