© Studio Ghibli

『紅の豚』のモチーフが随所に

大空を自由に飛び回りたい。そんな空への憧れを掻き立ててくれるのが、スタジオジブリの名作映画『紅の豚』だ。そしてもうひとつ、空への憧れを掻き立ててくれるものがある。それが、長年にわたりパイロットウォッチを手がけてきたブライトリングの腕時計だ。そんな両者がこの度、コラボウォッチを開発したというのだから期待しないわけにはいかない。



「ナビタイマー B02 クロノグラフ 41 コスモノート ポルコ ロッソ」と名付けられた本モデルが企画された背景には3つの理由がある。まずベースとなったナビタイマーコスモノートは1962年に世界で初めて宇宙を飛んだスイス製腕時計型クロノグラフであり、今年でその飛行から60周年を迎えること。次に『紅の豚』公開30周年。そして3つめが今年11月に控えるファン待望の「ジブリパーク」オープンだ。



© Studio Ghibli

そんな記念すべき年に誕生したスペシャルエディションだけに、こだわりっぷりも並ではない。最も目を引くのは、ダイヤルの24時位置にあしらったポルコの愛機サボイアS-21。さらに、サファイアクリスタルのケースバックにはポルコのイラストをプリントするなど、ファンにはたまらないアレンジがほどこされている。また、ケースバックのスチール部分には、限定100本のうちの1本であることを証明するエングレーヴィングをほどこしてあるなど、特別感満載だ。



© Studio Ghibli

手巻きのマニュファクチュールキャリバーB02は5年保証で、パワーリザーブは約70時間、日付変更はいつでも可能。ケースとベゼルにはステンレススチールを採用するなど、ブライトリングならではの優れた機能性と堅牢な作りも健在だ。



映画のストーリーや製品を紹介する付属のブックレットもファンなら手に入れておきたいところ。11月1日より一般販売が開始となり、ジブリパークの「ジブリの大倉庫」でも販売される。足を運んで購入するのもオススメだ。



© Studio Ghibli
ナビタイマー B02 クロノグラフ 41 コスモノート ポルコ ロッソ
¥1,199,000





ブライトリング・ジャパン
URL:https://www.breitling.com/jp-ja/


Text:Tetsu Takasuka