ギア目線にこだわりたい

アウトドア派

カシオ シチズン モンブラン

Aカシオ | G-SHOCK MRG-B5000D-1JR


これぞ「鉄人」!
1983年生まれの初代G-SHOCK「DW-5000C」をフルメタル化。磨きや仕上げを徹底するために、ケースを25個のパーツに分割し、ケースの四隅には耐衝撃機構を組み込んだ。外装には特殊金属を使用して、G-SHOCKらしいタフさと高級感を両立させた。デジタル。コバリオン×Ti。ケースサイズ49.4㎜×43.2㎜。¥396,000/カシオ(カシオ計算機 お客様相談室)

Bシチズン | プロマスター メカニカルダイバー200m NB6021-17E


タフで頼れる守護神
フジツボに覆われるまで海中に放置されながら故障しなかったという逸話をもつ1977年モデルのデザインを継承した王道ダイバーズで、防水性能は200m。表面硬化技術を加えたチタンケースにウレタンストラップを合わせて軽量化。価格もこなれているのでガシガシ使いたい。自動巻き。Ti。ケース径41㎜。¥96,800/シチズン(シチズンお客様時計相談室)

Cモンブラン | モンブラン1858 アイスシー オートマティック デイト


ブルーアイの技巧派!
モンブランでは初となるダイバーズウォッチで、防水性能は300m。モンブラン山塊のメール・ド・グラス氷河にインスピレーションを受け、氷内の気泡によって生じるブルーアイスをダイヤルカラーやデザインで取り入れた。山でも映えるダイバーズウォッチだ。自動巻き。SS。ケース径41㎜。¥387,200/モンブラン(モンブラン コンタクトセンター)


※文中すべて、YG=イエローゴールド、SS=ステンレススチール、Ti=チタン、PVD=物理蒸着法の略です。


高級時計を自然の中に
持ち出す新しい楽しみ方を考える

佐藤 アクティビティのシーンでつける時計ってけっこう悩む。堅牢性を求めると、デザインをちょっと妥協することになったり。
松川 その点カシオAはさすが。われわれ世代お馴染みの5000Cを約40万円の高級時計にアップデート。タフさも防水性も健在。
江口 完成度が高くて、所有欲が刺激されますよね。機能がしっかりしていて、シーンを選ばないという意味ではシチズンBをおすすめしたい。スペックのわりにコスパが優秀。
佐藤 ですね。さらにウレタンベルトの軽快な印象もあいまって、アウトドアシーンにマッチします。
松川 モンブランCは、文字盤に氷河をモチーフにしたデザインを落とし込んでいて、水陸両用のイメージを確立。ダイバーズウォッチだけど山にも合いますよっていう提案が感じられて、ぐっときました!


選ぶのはこの人達!

牛島康之さん  ライター

牛島康之さん ライター

腕時計はもちろん、ファッションからアウトドアまで幅広いジャンルを網羅する。パネライ ルミノールGMTが愛機。

江口大介さん  江口時計店 店主

江口大介さん 江口時計店 店主

江口洋品店と江口時計店を営むヴィンテージ&アンティーク愛好家。時計への愛と審美眼で名品を見極める。

梶原由景さん  クリエイティブディレクター

梶原由景さん クリエイティブディレクター

衣食住に精通し、自身のブランド、LOWERCASEでは魅力あるプロダクトを具現化。コラボウォッチも手がける。

川辺圭一郎さん  トゥモローランド プレス

川辺圭一郎さん トゥモローランド プレス

30歳記念にヴィンテージのカルティエ「タンク マスト」の黒文字盤を購入。スタイルを選ばないデザインが好み。

佐藤リッキーさん  プロダクトデザイナー

佐藤リッキーさん プロダクトデザイナー

YouTuberとしてもファッションの魅力を発信し続ける。昔から時計はさりげなく魅せるべく小径モデル派!

田中 遥さん  フリーPR

田中 遥さん フリーPR

ブランドやプロダクトのプロモーション設計やビジュアルのディレクションを手がける。グランドセイコーを愛用。

西又潤一さん  スタイリスト

西又潤一さん スタイリスト

シンプルで機能的なアイテムでスタイリング、着る人の魅力を引き出す職人。チューダーのヴィンテージを4本所有。

松岡 歩さん  三越伊勢丹 紳士担当

松岡 歩さん 三越伊勢丹 紳士担当

老舗百貨店で培ったセンスを武器に参戦。自身も大の時計好きで、現在はボーイズサイズのロレックスを愛用中。

松川 総さん  スタイリスト

松川 総さん スタイリスト

ヴィンテージに造詣が深く、新旧の要素を織り交ぜたスタイリングが得意。服に合わせて時計はデジ・アナ両方使う。

水澗 航さん  ENKEL ディレクター

水澗 航さん ENKEL ディレクター

服以外にインテリアや生活雑貨も扱うショールーム「エンケル」を主宰。豊富な知識と経験で時計の価値を見極める。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Yuichi Sugita[POLYVALENT] 
Stylist:Yuta Fukazawa 
Text:Hisamoto Chikaraishi[S/T/D/Y] Kohji Ogata Tetsuo Shinoda