高い防水性とコンパクトサイズを両立

露出が多くなるこれからの季節、腕時計は着こなしのアクセントとして必須のアイテムだ。アクティブな印象を演出したいなら、身に付けたいのはやはりダイバーズウォッチ。だが、防水性を高めた堅牢な作りだけにケースが分厚くなり、悪目立ちしたり、重たくて疲れたりするものがあるのも事実。だが、イタリア発の腕時計ブランド、スピニカーが開発したスペンス-300は、そんなデメリットを見事に解決している。



スペンス-300は300mの防水機能を備えた本格的なダイバーズウォッチ。ダイバーズウォッチは、一般的に「13㎜以上」のケース厚を要すると言われているが、本作はなんと11㎜という薄型ケースを実現している。そのため、軽量で気軽に身に付けられるうえ、コンパクトなので長袖の袖口にも自然に収まってくれる。



また、42時間のパワーリザーブを備えた日本製の自動巻きムーブメント「MIYOTA 9039」を搭載しているので、少しくらい放置していても止まってしまう心配がない。インデックスにはスーパールミノーバを塗布しているので、暗い海の中はもちろん、夜の街でも高い視認性を確保できる。さらに、ウォータープルーフレザーのスペアベルト付きのボックスセットになっており、ベルトの付け替えが簡単にできる専用工具もセット付属するなど至れり尽くせり。



シンプルながらもヴィンテージライクなデザインで、小ぶりながらも存在感抜群。この夏の頼もしい相棒になってくれるはずだ。



photo
photo
photo
prevnext

SPENCE-300
各¥69,850
SP-5097-11 (ブラック) / SP-5097-22 (ブルー) / SP-5097-33 (ブラウン)
スペック:自動巻き MIYOTA9039 / 300M防水 / 無反射加工サファイアクリスタル / ケース径40㎜ ステンレススチール・カーフレザー(ウォータープルーフ加工) / スーパールミノーバ







Text:Tetsu Takasuka