この度発売されるのは、キングセイコー誕生から4年後の1965年に誕生した、”KSK”と呼ばれる2代目キングセイコーの復刻デザインモデル。

無駄のないダイヤルレイアウト、エッジを際立たせたシャープなケーススタイリングやボックス型のガラス形状など、キングセイコーデザインのオリジナリティを確立したモデルとして有名だ。

華やかな印象のカラーリングとシャープな形状

シャンパンシルバーのダイヤルに、イエローゴールドのインデックスと針といった、華やかな印象のデザインが印象的なこの限定モデル。 オリジナルモデル同様に歪みのない鏡面仕上げを施し、エッジを際立たせたシャープな形状のケースも相まって、エレガントな装いに合わせたくなる時計だ。

photo
photo
photo
prevnext

“KSK”の意匠を表すブランドマーク

裏ぶたには、キングセイコーの「盾」をモチーフとしたブランドマークをあしらったイエローゴールドカラーのメダリオンが施される。 また、りゅうずの繊細なセイコーロゴと防水仕様の証であった「W」のマーク、美錠のセイコーロゴなど、随所に”KSK”の意匠が再現されており、特別感のある1本となっている。

アップデートされた駆動方式と視認性

本作はセイコーの現行機種において最も薄い自動巻キャリバー6L35を採用。 それにより、”KSK”のオリジナルモデルの手巻式と比べてわずか0.5mmの差に抑えられた、11.4mmという装着感に優れるスリムなフォルムになっている。

また、見切りには内面無反射コーティングを施したボックス型サファイアガラスを使用。 当時のアクリルガラスのシルエットを再現しながらも、高い視認性が実現されている。

“KSK” 復刻デザイン 限定モデル
品番:SDKA003
希望小売価格:385,000円(税込)


2022年7月8日発売予定
世界限定1,700本(うち国内700本)

セイコーウオッチ お客様相談室 0120-061-012(通話料無料)
https://www.seikowatches.com/


Text:Chihiro Koda