Cartier

ロトンド ドゥ カルティエ

カルティエ ロトンド ドゥ カルティエ

かつてのクロノグラフは医師や将校といった知識階級が好んで使う時計であり、ドレッシーでエレガントなデザインであるのが普通だった。このモデルはそんなクロノグラフの原点を思わせる優美な雰囲気。計測目盛りのタキメーターを排除するなど細部まで上質な空気感を保っている。「ドレスなクロノグラフで、しかもカルティエ。完璧です」と称賛の声多数。自動巻き。SS。ケース径40㎜。¥1,174,800/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)


カルティエ ロトンド ドゥ カルティエ

藤村雅史(アートディレクター)
懐中時計のようなコロンとしたデザインが好き。おしゃれな時計だよね。

名知正登(エディター・ライター)
ジュエラーならではの品のよさがあるクロノグラフですね。カルティエといえば角型が人気ですが、あえて丸型なのもいい。針とインデックスの大小のバランスも、よく考えられています。

水澗航(ENKEL/STUDIO FABWORK 主宰)
流線形のケースにボタンが一つ。時計には見えない、スペースエイジなデザインは懐かしいけど大好きです。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Teppei Hoshida 
Stylist:Yuta Fukazawa
Composition&Text:Tetsuo Shinoda