タイメックス・G-SHOCK・ハミルトンのデジタル腕時計

ATIMEX

アトランティス 100 ブラック

アメリカのスポーツウォッチの代表格といえばこれ。海底に沈んた巨大島アトランティスをモデル名とし、どこかレトロな雰囲気で懐かしい気分。大きな液晶画面は視認性に優れ、100m防水を実現。同社の定番技術である文字盤発光機能の「インディグロ®ナイトライト」も搭載し、必要十分なスペックをもつ。「大人が使うからこそ、おしゃれに見える」と高評価。デジタル。レジン。ケース径40㎜。¥9,680/タイメックス(ウエニ貿易)

タイメックス アトランティス 100 ブラック

深澤勇太(スタイリスト)
タイメックスといえば「アイアンマン」だけど、僕はこっちが好み。かなり薄いケースなので、シャツに合わせてもハマりそう。大人のハズシ時計として使ってみたいですね。

片貝俊(スタイリスト)
いい意味でダサかわいい。この時計、ヤバいね。色使いも昭和っぽいし、プライスだって見事です。買って帰ろうかな。


BCASIO

G-SHOCK DW-5600RB-3JF

1983年のデビュー以来、今も人気を保ち続ける角型モデル。こちらは’91年に誕生したカラーモデルをリバイバルしたもの。あえて現代的に進化させていないので、40歳男子の郷愁をそそる仕上がりに。「結局、休日時計はG-SHOCKが最強」「毎年買っています」と、ファッション業界にもファンは多い。デジタル。樹脂。ケースサイズ48.9㎜×42.8㎜。¥12,100/G-SHOCK(カシオ計算機 お客様相談室)

CASIO G-SHOCK DW-5600RB-3JF

江口大介(江口洋品店・江口時計店 オーナー)
日本の時計文化を育て、新たなジャンルをつくったG-SHOCKを崇拝しています!

片貝俊(スタイリスト)
懐かしいし、色もかわいい。人気だった“イルクジ”を思い出しました。懐かしい記憶が甦ってきます。


CHAMILTON

アメリカンクラシック ハミルトン PSR デジタルクオーツ

1970年に誕生した世界初のLED式デジタルウォッチが復活。デザインは’73年発売の「P2」を再現しつつ、時刻表示は進化。二重表示になっており、普段は上層の液晶で時刻を表示しているが、ボタンを押すと下層のLEDが点灯して時刻を表示。当時の“数字のにじみ”まで再現。「憧れの時計が復活しましたね」と喜びの声多数。デジタル。SS。ケースサイズ34.7㎜×40.8㎜。¥99,000/ハミルトン(ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン)

ハミルトン アメリカンクラシック ハミルトン PSR デジタルクオーツ

名知正登(エディター・ライター)
アクセサリー感覚で楽しみたい時計。特に40代以上に刺さるコミュニケーションウォッチですね。

水澗航(ENKEL/STUDIO FABWORK 主宰)
流線形のケースにボタンが一つ。時計には見えない、スペースエイジなデザインは懐かしいけど大好きです。



掲載アイテムの問い合わせ先はこちら


Photos:Teppei Hoshida 
Stylist:Yuta Fukazawa
Composition&Text:Tetsuo Shinoda