11 Sep.

「親しみも敬意も。
ずっと夢見ていた憧れの時計」

平野 紗季子 | フードエッセイスト

「いつか時計を買うなら“タンク”と決めています。母が愛用していて昔から親しみがあったということも大きいのですが、アンディ・ウォーホルをはじめとした偉大なるクリエーターたちに長く愛されてきた時計だということを知ってから、ますます憧れが膨らみました。私は手が小さめで、なかなかバランスよくつけられる時計がないんです。でも“タンク”はケースが小ぶりでストラップの太さもちょうどいい。さらに優美で曲線的なものより、ロンドンの街並みのようなレンガ作りや幾何学柄といったスクエアのモチーフが好きなので、このシャープなレクタンギュラーケースには自分らしさも感じるんです」

 

「毎日身につけるアクセサリーは“理由”があるものだけ」

「アクセサリーはそんなに数を持っていないし、普段もあまり買いません。TPOに合わせてあれこれ変えるより、できれば気に入った同じものを、毎日身につけていたい。でも“可愛い”という理由だけで着けるのがどうも苦手で。誰かにプレゼントされたとか何かの記念に買ったとか、この先もずっと大切にしたくなる理由が必ず欲しいんです。実は今年、念願のお菓子のブランドを立ち上げたので、これを口実に憧れの“タンク”を手に入れる機運が自分の中で高まりまくっています」

「新作の“タンク マスト”は黒のレザーストラップをセレクト。会社の代表ということでCEO感を演出したくて(笑)、着こなしもシックなオールブラックで仕上げました。今の世の中、多機能なものであふれているからこそ、ひとつのことをストイックに突き詰めている単機能なものって魅力的ですよね。時計ももちろんそのひとつ。着用してみて、ますます“タンク”に対する思いが深まりました」

タンク マスト¥310,200/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)

SAKIKO HIRANO

小学校のころから食日記をつけ続け、大学在学中に日々の食生活を綴ったブログが話題となり文筆活動をスタート。雑誌等で多数連載をもつほか、菓子ブランド「(NO)RAISIN SANDWICH」のプロデュースなど、食を中心とした活動は多岐にわたる。著書に『生まれた時からアルデンテ』『味な店 完全版』など。
instagram @sakikohirano

問い合わせ先
カルティエ カスタマー サービスセンター TEL:0120-301-757

Photos:Yusuke Raika(aosora)
Hair & Make-up:Miyuki Nakamura
Composition & Text:Kumiko Nozaki

25 Sep.

Sep. 25

COMING SOON

ACTRESS

26 Sep.

Sep. 26

COMING SOON

WATCH SHOP OWNER

27 Sep.

Sep. 27

COMING SOON

ARCHITECT

28 Sep.

Sep. 28

COMING SOON

HAIR STYLIST

29 Sep.

Sep. 29

COMING SOON

ACTOR

30 Sep.

Sep. 30

COMING SOON

ARTIST