8 Sep.

「服がカジュアルな分、
“タンク”で大人の身だしなみを」

片貝 俊 | スタイリスト

「メタルブレスレットの時計しか持っていなかったのですが、レザーストラップのものが欲しくなって購入しました。スタイリストの仕事柄、毎日の撮影や衣装のリースと動き回ることが多く…Tシャツかスウェットにサウス2ウエスト8のジャージが定番。大人としてはちょっとカジュアルすぎるかもしれないところで、腕時計くらいきちんとしたかった。しかもスタイリングから浮いたり目立ったりもしない一本がいい分けです。そこでこのレザーストラップの“タンク”、正解でした。楽な格好に馴染んでくれるのに、しっかり上品。重宝しています」

「僕にとっての腕時計は、時間を見る道具ではなくブレスレットの延長のようなもの。手元で人の印象は大きく変わるじゃないですか。シルバーアクセサリーと同じように、ラフな自分にシックな要素を足してくれる一品です。毎日ガシガシと使ってますが、最近は、使い込んだストラップのシワ感やヴェルメイユ加工のケースの経年変化がいい感じ。育てる楽しみもありますね」

「スタンダードなデザインには飽きが来ない」

「スタンダードな洋服が好きです。だから日々同じようなコーディネートですが、その方が長く愛せるんですよね。その点ではカルティエの“タンク”も、シンプルな文字盤で普遍的なデザイン。実際に5年愛用していますし、クラシックの良さってこういうことだな、と改めて感じます」

SHUN KATAKAI

2009年に独立。雑誌やカタログ、TVやCM、俳優・タレントのスタイリングを手掛け、弊誌でもベーシックながら多彩な色使いが人気を集める。

Photos:Takahiro Idenoshita
Text:Takako Nagaii