クールビズ2017~ユニバーサルランゲージのパンツ | 武藤 剛 | Team UOMO | UOMO | WEBUOMO

TEAM UOMO

武藤 剛

No.78 武藤 剛

自>他ともに認めるイタリア大好きなアラフォーです。
ファッション、料理、文化など、日常の中のイタリア的生活を発信していきます。

クールビズ2017~ユニバーサルランゲージのパンツ

みなさん、ボンジョルノ〜!No.78の武藤 剛です。

先週ニュースを見ていたら、ウォール街でも服装規定を緩めるするそうです。理由は、Googleなどに流れてしまった優秀な人材の確保との事でした。
コメンテーターの方も『本質をついてない』っと笑ってましたが、確かにおっしゃる通りだと思います。
翻って我が国でも、6月からは全国的にクールビズですが、ラクチンだけのクールビズで良いのかな?って常々思います。
半袖シャツとネイビーパンツの組み合わせ。並んで歩いているところを見ると、中学生か高校生の集団に見えて、全く素敵に見えません。
昨今外国人観光客が年々増える中、『日本のサラリーマンってダサいね』、と思われたまま帰国されてないか本当に心配です。この辺り、うまくまとめられずにもどかしいですが。

そんな中、UOMO8月号の新説クールビズ!、チームウオモの鈴木(大)さん、杉浦さんがモデルされてますが、小粋な着こなしを働く人みんなに読んでもらいたいですね。

DSC_4652

さて、私はというとこの時期スーツよりはジャケパンスタイルが多くなるので、パンツに注目しました。この夏は本数を足したかったので杉浦さんの『ユニバーサルランゲージ』をチョイス。鈴木(大)さんの『ジャブス アルキーヴィオ』も気になる所でしたが、秋冬の楽しみに取っておくことにします。

今回購入したのは下記2本。

1本目:グレーのツータック。
2本目:ネイビーのノープリーツ

1本13,800円と手ごろな価格ですが、2本購入するとセール価格でなんと18,000円。そのあたりの説明を読んでなかったので、とても得した気持ちになりました。とはいえ、パンツのクオリティは値段に比例せず企業努力を感じる1本、いや2本です。

DSC_4625

・グレーのツータック。
プリーツの入っているパンツの購入自体が久しぶりですが、昨今のクラシック回帰の流れからごく自然に選びました。
プリーツが入っていることでヒップ周り、ワタリに少しゆとりがあり、股上は少し深めですが、裾に向かって緩やかにテーパードしているのは今風です。
今回はウェストを詰め、ヒップを少し出すことでよりそのあたりを強調させてみました。裾幅は18cm、仕上げはお決まりのダブルで4.5cmです。

DSC_4628

DSC_4638

・ネイビーのノープリーツ
ドが付くほどの定番ですが、イタリアブランドに比べるとテーパードがそれほどきつくなく、スリムストレートな感じがちょっと新鮮でした。よって裾幅は19cm、仕上げはこちらもダブルで4.5cmです。

DSC_4626

DSC_4632

どちらのパンツもイタリアのカノニコ社の生地をつかっているので、そのクオリティは折り紙つきです。こちらなんと創業したのは1663年というから伝統を通り越し、伝説的な存在ですね。また、生産に使用される水も作業段階で一切汚されることなく、自然に戻しているという環境に優しい工房というのも今回初めて知りました。ファッションを通して様々な企業活動を知っていくのも、チームウオモを始めてからの楽しい発見です。

DSC_4646

履き心地はというと、どちらもシャリ感があります。オーバー3万円のパンツのなめらかな履き心地に慣れてる方は違和感あるかもしれませんが、私は嫌いではないです。歩いているとシャカシャカする感じで、当然汗のべた付きはなく、夏向けの清涼感を醸し出します。

クールビズのコーデの際は、出来る限り夏色、特に”アズーロ(青)”を取り入れることを意識しております。
そうすることで見た目からも涼しげな雰囲気が醸し出せるような気がしますが、いかがでしょうか?

●ジャケット、シャツ、パンツ(ユニバーサルランゲージ)
●チーフ、ソックス(トゥモローランド)
●ベルト(ラルディーニ)
●シューズ(サントーニ)

※ネイビーのコーデはまた何かの機会で。

DSC_4654

DSC_4656

スマート40’s目指して、この夏、”クールビス2017”で乗り切りましょう!

それではまた!Alla prossima!!

TODAY’S ランキング

      イメージ
      NOW ON SALE

      UOMO 11月号好評発売中

      定価 870YEN

      PAGE TOP