GUCCI
華やかな装飾でアップデートされた
グッチの名作を軽やかに履きたい

(左)ブランドを象徴するグリーン・レッド・グリーンのウェブ ストライプが施された定番“エーススニーカー”が、アレッサンドロ・ミケーレの手により華やかに進化を遂げた。エレガントなアッパーベルトがスニーカーを着こなしの主役に格上げする。¥98,000/グッチ(グッチ ジャパン) その他/スタイリスト私物(以下すべて同じ)



HERMÈS
テクニカル素材と最上級レザーが
融合したハイブリッドスニーカー

(中)ネオプレン素材のスリッポンをスムースレザーでホールドする作りのフューチャリスティックな一足。ハイカットスニーカーのサイドをえぐり取ったかのようなデザインが新鮮だ。ソールは厚く、エルメスらしい機能美に満ちあふれた逸品をぜひ。¥134,000/エルメス(エルメスジャポン)



LOUIS VUITTON
モノグラムが型押しされた
存在感抜群の白スニーカー

(右)秋冬のランウェイで白スニーカーを印象的に取り入れていたルイ・ヴィトン。グレインカーフレザーのアッパーにはよく見るとモノグラムが型押しされ、さりげなく主張する。¥105,000/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス) 


SAINT LAURENT
リアルなユーズド加工が目をひく
日本限定展開のハイカットスニーカー

(左)ナイロンとスエードという異素材のコンビネーションと、トーン違いのブルーを組み合わせた遊び心満点の一足は、ソールの加工も目を見張る。ここ日本でしか手に入らない限定感も40歳男子の物欲を刺激する。¥100,000/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)



BOTTEGA VENETA
シンプルな作りの中に
ブランドのフィロソフィが漂う

(中)アイコニックなイントレチャートを感じさせる継ぎ目のディテールがサイドに入った贅沢なスニーカーは、ソールにまで覆いかぶさるレザー使いがさすが。グレーとブラウンが混ざったような、絶妙な色合いもシックだ。¥76,000/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)



PRADA
トレランシューズ風のデザインが
モードに昇華されたプラダの傑作

(右)アウトドアライクな太いシューレースを採用しつつもシャープな印象なのは、プラダらしい細身の木型と直線的なディテールゆえ。既存のさまざまなテイストがミックスされた新しい一足だ。黒無地のシューレースも付属。¥80,000(予価)/プラダ(プラダ ジャパンカスタマーリレーションズ)



イヴ・サンローラン TEL:0570-016655
エルメスジャポン TEL:03-3569-3300
グッチ ジャパン カスタマーサービス TEL:0120-88-1921
プラダ ジャパンカスタマーリレーションズ TEL:0120-559-914
ボッテガ・ヴェネタ ジャパン TEL:0120-60-1966
ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854
※UOMO10月号掲載商品につき品切れや取り扱い終了の可能性があります。

Photos:Masanori Akao[white STOUT]
Stylist:Tatsuou Sakai

SHARE