“オジサンっぽい”をカッコよく肯定できる「ちょいコンサバ」のトリセツ | News | UOMO | WEBUOMO

NEWS

“オジサンっぽい”をカッコよく肯定できる「ちょいコンサバ」のトリセツ

uomo11-170923

はじめまして「ちょっとコンサバ」
UOMO11月号9/23発売!

UOMOがこの秋、何よりも推したいファッション。それが、この11月号で大々的に紹介する「ちょっとコンサバ」です。

ノスタルジックなスタイルを素材使いやシルエットで今の気分にアップデートしたファッションは、これまでリラックス感のあるコンテンポラリーな着こなしを求めてきた我々にとって驚きの新鮮さ。どちらかというと「コンサバ」という言葉は苦手…そんなアナタも本特集を読んだ後はきっと印象が変わっているはず。UOMOが提案する「ちょっとコンサバ」、お楽しみください。

秋色のスエードブルゾンを着た、井浦新さんの表紙が目印です。

▼GUEST
井浦新/斎藤工/桐谷健太/滝藤賢一/山崎育三郎/三浦誠己/青木崇高/村上淳/ヤン&ナオミ/安藤忠雄/安田顕/澤部渡/今野杏南etc.
▼連載
木村拓哉/藤原ヒロシ/祐真朋樹/犬山紙子/大根 仁/茂木健一郎/篠山紀信/山本康一郎/小山薫堂/小宮山雄飛/島下泰久 etc.

オジサンっぽいのにカッコいい、「ちょいコンサバ」の作り方

カジュアルに着るドレスシャツ、ノスタルジックなブラウン、コーデュロイパンツ、レトロなチェック…「ちょいコンサバ」な気分をどうやって着こなしに取り入れるか解説するトリセツです。

「ニットだってコンサバ」が気分です

Vネックにアランニットにアーガイル…コンサバ気分の今季にふさわしいニットを、旬の俳優8人が着こなす!

コンサバだけど、コンサバすぎない名品図鑑

世界中に存在する憧れの老舗ブランドといえば、「コンサバ」の殿堂。それぞれに代名詞的存在の名品が存在するけれど、「ちょっとコンサバ」にふさわしいのは、王道モデルではない、少しエッジの利いた変化球モデルなのです。

Monthly Rihito ダウン in タウン!

機能重視のアウトドアブランドだけでなく、ラグジュアリーブランドからも気になるダウンが続々。コラボモデルだって充実してる…そんな今年のダウン事情をまとめてフィーチャー。

あの頃のデニムが、またアツい!

巷では「90年代ブーム」と騒がれているけれど、特に盛り上がっているのがデニム。ラフ・シモンズが手がける新しいカルバン・クライン、復活したリーバイスのシルバータブ…40歳男子の「原体験」ともいうべきあの時代の空気をまとったデニムを、思い切り楽しみたい。

「大阪スパイスカレー」って、なんや?

あなたは知っていますか? くいだおれの街、大阪で独自の進化を遂げたカレーがあることを…。東京はもちろん、本場インドやスリランカでも食べられない新しいナニワのソウルフードに迫ります。

安藤忠雄「40歳になる大人たちへ」

9月27日から国立新美術館で「安藤忠雄展 -挑戦-」が開催されるのを記念した、巨匠へのスペシャル・インタビュー。自らの歩みを振り返りながら、40歳男子に向けてメッセージを贈る!

この記事もオススメ!!

    ニュース一覧へ

    イメージ
    NOW ON SALE

    UOMO 11月号好評発売中

    定価 870YEN

    PAGE TOP