蕎麦屋でカジュアルに一杯。三浦良介さんオススメ「板蕎麦 香り家」 | News | UOMO | WEBUOMO

NEWS

蕎麦屋でカジュアルに一杯。三浦良介さんオススメ「板蕎麦 香り家」

  • EAT

170420_smartplace-07(左)中山慶人さん(右)三浦良介さん

#東京スマートプレイス Vol.7~
「板蕎麦 香り家」

日々の生活にかかわるモノやコトに独自のこだわりを持ち、スマートなライフスタイルを探求するオトコ=スマ男。そんな彼らがいま東京で一番“スマート”だと思う場所をオススメする連載「東京スマートプレイス」、第7回はアーバンリサーチのプレスマネージャー、三浦良介さん。同じくプレスチーフの中山慶人さんと訪れたのは、ちょっと特別な蕎麦屋。

Photos:Mao Nakazawa

「蕎麦が一番の好物なんです。ここは今の上司に連れてきてもらって、やっぱり蕎麦ウマいなぁって思ったのが23、4歳。蕎麦好きといっても若い頃って蕎麦屋なんて行かないじゃないですか。それなりの値段になりますし、普通は居酒屋ですよね。だから衝撃的で。それからですね、自分でも探すようになったのは」

170420_smartplace-01

三浦さんの、ある意味“原点”といえる板蕎麦「香り家」はJR恵比寿駅の東口から5分ほど、隠れ家的とまでは言わずとも土壁の控えめな店構えに期待が膨らむ。

「やす(中山)も食べることが好きでよくメシに行くんですけど、ここではいつも太打ちと細打ちを一枚ずつ頼んで、つゆも、いわゆるもり汁(そばつゆ)とごまだれの両方。天ぷらと板わさ、あと出し巻き卵が定番です。お通しのそばの実も素朴でおいしくて、食べ出すと止まらなくなります」

ちなみに一品料理の一番人気がこの出し巻き卵。揺らすとふるふる震えるほど出し汁をたっぷり含んだジューシーな味わいは酒がすすむ、すすむ。丸い可愛らしい見た目も女性に好評だとか。

「たとえば洋服のかっこいい、かわいいってそれぞれ違うけど、“おいしい”は共通言語というか、趣味も男女も関係なくウマいもんは美味い。おいしいって言っている方が楽しいじゃないですか。それに、いい服を着て、でもごはんは何でもいい…だとちょっと違いますよね(笑)。いい大人はちゃんと知っておかないとなって思います」

板蕎麦 香り家
営業時間:11:00~16:00(L.O.15:30)、17:00~24:00(L.O.フード23:15・ドリンク23:30)無休
住所:東京都渋谷区恵比寿4-3-10 中出センチュリーパーク1F
TEL:03-3449-8498
http://www.foodgate.net/shop_kaoriya.html

この記事もオススメ!!

    ニュース一覧へ

    イメージ
    NOW ON SALE

    UOMO 11月号好評発売中

    定価 870YEN

    PAGE TOP