タフに使えて値段もお手頃。「アメリカブランド」はプロのコスパ服! | News | UOMO | WEBUOMO

NEWS

タフに使えて値段もお手頃。「アメリカブランド」はプロのコスパ服!

1975年の名著『チープ・シック』が提案した「お金をかけないでシックに着こなす法」を、現代の日本で新解釈すると? 業界の目利き6人の「お値段以上の服」と、着こなしマイ・ルールを紹介。ビームスのプレス・日高正幸さんに続き、スタイリストの本庄克行さんのルールとは?

Photos:Teppei Hoshida
Text:Kai Tokuhara

なんだかんだでよく買っている
クラシックなアメリカブランド。

「もともとヨーロッパの服が好きだったんです。そういう印象をもたれませんが(笑)。ただ年齢を重ねたせいかもっと落ち着いた格好がしっくりくるようになって、アメリカブランドをあらためて着るように。タフに使えるところがいちばん。それに大体値段もお手頃。大人になってからのほうが楽しめる服ですよね」

honjyo_01

YUPOONGのキャップ 約¥2,000
DUOFOLDのタートルネックカットソー 約$10
RAILROAD SOCKSの6Pソックス 約¥2,000

NYのアウトドアショップのワゴンセールで見つけた「デュオフォールド」。「昔からある肌着メーカー。アメリカ製らしい厚手の一枚も、タートルネックというだけでクリーンなイメージになります」。「ユーポン」のキャップに足元は「レイルロード ソックス」と、脇を固める小物たちもなにげにアメリカ製。スロウガンのコートで全体をエレガントにまとめた。


honjyo_04

GAPのブルージーンズ ¥9,900

「ギャップ」のブルージーンズは撮影でリースしたときに気に入って購入したとか。「加工の感じにやりすぎ感がなく形も程よい細さ。このクオリティで、1万円出してお釣りがくるのは素晴らしいですね。アメリカブランドのジーンズならではの、普遍的なよさがあります」。バブアーのコートとのタフな合わせもどこか上品にまとまっている。


honjyo_02

J.Crewのクルーネックスウェット 約$90

「『J.クルー』のグレースウェットもデュオフォールドと同じくNYで買いました。たしかセールになっていました。ゴワゴワしない、ニットのような柔らかさのある素材感が特徴。オーバーサイズで着ても落ち感がとてもきれい」。カラーの太めテーパードスラックスとの、リラックス感がありながらもクリーンな装いがいい感じだ。


honjyo_03

Brooks Brothersのウールキャップとシャツ 
キャップ約¥6,000 シャツ約¥14,000

アメカジの王道中の王道、「ブルックス ブラザーズ」のボタンダウンシャツとウールキャップ。「シャツは洗いざらしで着ても張り感がそのまま。あらためて、さすがのクオリティだなあと。ウールキャップはごくシンプルだけれど温もりのある素材感が冬にいい」。J.クルーのニットとのややユルめの装いもどことなく締まりがある。

この記事もオススメ!!

    ニュース一覧へ

    イメージ
    NOW ON SALE

    UOMO 11月号好評発売中

    定価 870YEN

    PAGE TOP