作家やクリエイターの真実に触れる! 週末のオススメ新刊書籍3冊 | News | UOMO | WEBUOMO

NEWS

作家やクリエイターの真実に触れる! 週末のオススメ新刊書籍3冊

作家が自ら驚くほどの鬼気迫る時代小説集に、ポップカルチャーの賢人たちのリアルな言葉、日本の“手しごと”の今。様々な真実に触れられる、読み応えアリの新刊3冊をご紹介。

Text:Mitsuhiro Mizuno

dma-uomo01

『BEAMSニッポン最高の手しごと』
ジェイブックス編集部編著
光文社 ¥1,400

“デザインとクラフトの橋渡し”をテーマに、日本を中心とした伝統的な手仕事と、新旧デザインを融合したスタイルを提案するビームスのオリジナルレーベル「fennica」。濱田友緒さんの益子焼、桂樹舎の文庫箱など、目利きが見いだした、日本各地の作り手とその作品を紹介する。


dma-uomo02

『自由な反逆のすゝめ──
流れに逆らえば時代はついてくる』

Huck著 江口研一訳
フィルムアート社 ¥1,500

最新のあらゆるカルチャーを扱う雑誌「Huck」。スパイク・ジョーンズ、ヴェルナー・ヘルツォークなど、各分野の第一線で活躍する全59人のクリエイターの名言を集め紹介した一冊。ポップカルチャーの賢人たちの言葉が、流れにあらがい生きようとするあなたの背中を押してくれる。


dma-%e6%97%a5%e8%9d%95%e3%81%88%e3%81%a4%e3%81%8d%e3%82%8b

『日蝕えつきる』
花村萬月著 集英社 ¥1,500

天明6年、皆既日蝕を背景に起きた男と女の残酷物語。女は軽井沢宿で飯盛女をしていたが、江戸に逃れて夜鷹となり、唐瘡にかかってしまう(「千代」)など、鬼気迫る5つの暗黒物語。著者曰く「それにしても俺がこれほどまでに救いのない残酷な話が書けるようになろうとは──」。

この記事もオススメ!!

    ニュース一覧へ

    イメージ
    NOW ON SALE

    UOMO 5月号好評発売中

    定価 820YEN

    UOMO5月号 P49.綾瀬はるかさんの写真集のタイトルに誤りがありました。『BREA0TH』とありますが、正しくは『BREATH』です。お詫びして訂正します。

    PAGE TOP