コンサバ=清潔感。僕にとって、昔からドリスのニットがそれに当たる。

ざっくりしたオーバーサイズに温もりたっぷりのモヘア仕立て、そして遊びのきいたポニースキン柄。村上さんが「コンサバなニット」と聞いて迷いなく選んだのがこの一枚だ。「昔からドリスのニットは一貫してカントリーで手作り感があるというか。それを都会で着るちょっとした違和感が楽しいんですよ。このなんともいえない柄も素敵だなって」。
そんな村上さんにとって、コンサバとはすなわち「清潔感」なのだそう。「パンクからはそれを感じないですよね。僕も基本的にストリートな格好をしていますが、常に清潔感だけは保ちたいと思っているので。そういう意味では、このライカM8のホワイトだってそう。ドリスのニットにこのカメラなんて、僕にとってはまさしくコンサバですよ」。
ニット¥117,000・シャツ¥42,000・パンツ¥68,000/ドリス ヴァン ノッテン ヴィンテージのネックレス¥19,800/セカンド ブーム カメラ/本人私物


村上 淳 JUN MURAKAMI

1973年生まれ。大阪府出身。’92年に俳優デビュー。映画は現在『AMY SAID』(9月30日〜)、『月と雷』(10月7日〜)が公開中、『blank13』(’18年2月3日〜)が公開を控えている。ドラマではNHKドラマ10「マチ工場のオンナ」(11月10日〜)に出演予定。


ドリス ヴァン ノッテン TEL:03-6820-8104
※UOMO11月号掲載商品につき品切れや取り扱い終了の可能性があります。

Photo:Tetsuo Kashiwada[KiKi inc.]
Hair&Make-up:Go Takakusagi[Vanites]
Stylist:Dai Ishii
Text:Kai Tokuhara
Movie:Hiroki Honma

SHARE