日本を代表するセレクトショップBEAMS。数あるレーベルの中でも、日本をテーマにモノ・ヒト・コトをキュレーションし発信しているBEAMS JAPANの魅力を紹介していくこのコーナー。朝の情報番組『スッキリ』のリポーターとしてお馴染みの阿部祐二さんが、新たに阿部“ジャパン”祐二と名乗り、BEAMS JAPANの魅力をアツく探っていきます。



日本が誇る素晴らしいアイデアや技術に触れると、「いいね!」の代わりに思わず「ジャパン!」と叫ぶ阿部リポーター。取材が終わり、最終的にいくつの「ジャパン!」を獲得したかもお楽しみです。第3回目は、メイド・イン・ジャパンのファッションをリポートします!


TAILOR TOYO×BEAMS JAPAN
初夢スカジャン

こりゃ縁起がいい

戦後間もない頃、米兵が日本駐留の記念としてオリエンタルな柄を自分たちのジャケットに刺繍したのがスカジャンの起源。そのスカジャンを半世紀以上にわたってつくり続けてきたテーラー東洋とのコラボモデルがこちら。初夢で見ると縁起がよいとされている“一富士二鷹三茄子”が描かれ、横振り刺繍と呼ばれる刺繍の技法をはじめ、生地やファスナーなど、各部のディテールも当時のものを再現している。リバーシブルタイプで裏面はシンプルな無地のネイビー色。両A面で楽しめる仕上がりになっている。¥56,000


BEAMS
アセテート スカジャン “ALASKA”

表と裏で印象の違うシロクマ

アラスカをモチーフにしたスカジャンの中で最も人気のある1950年代後期のシロクマの図案を再現。両面ともに同じ図案だが、片面はカラフルな刺繍や袖に配された縄のパイピングといったヴィンテージの魅力があり、もう片面は生地と刺繍をシルバーに統一したワントーン仕様になっている。対照的な仕上がりが面白い。¥45,000


LOOPWHEELER × BEAMS JAPAN
吊り裏毛 スウェットシャツ “MEISAI”

テーマは“MEISAI”

昔ながらの吊り編み機を使用し、ほかでは味わえない上質な着心地のスウェットシャツを製作するループウィーラー。世界中のファッションブランドが注目するループウィーラーとBEAMS JAPANが、素材開発から共同で取り組んだ完全別注シリーズが今シーズンも登場! 今期は“MEISAI”がテーマになっているように、ミリタリーカラーを代表するオリーブドラブ色をラインナップに揃え、カタカナでプリントされたフロントのロゴマークにはウッドランドカモを採用している。オリーブとグレーの2色展開。¥15,800


LOOPWHEELER × BEAMS JAPAN
吊り裏毛 プルオーバーパーカ “MEISAI”

程よくゆとりのある着心地

別注のミドルウェイト素材を使用したプルオーバーパーカ。ステンシル風のロゴプリントがどことなくミリタリーな雰囲気を感じさせる。絶妙な柔らかさと適度なコシ感を両立し、程よくゆとりをもたせたクラシックフィットは着心地がよく、ヘビーローテーション間違いなし。オリーブとグレーの2色展開。¥18,500


LOOPWHEELER × BEAMS JAPAN
吊り裏毛 ネックウォーマー

ネックウォーマーとヘアバンドの2WAY

一見シンプルなネックウォーマーだが、ジップがついているため、襟のように広げて使用することもできる。また、ネックウォーマーとしてだけではなく、ヘアバンドとして使うことも可能。お好みの使い方でどうぞ。オリーブとグレーの2色展開。¥5,500


LOOPWHEELER × BEAMS JAPAN
吊り裏毛 グローブ “MEISAI”

小ネタの利いた指なしグローブ

スマホの操作もストレスなく行える指なしグローブ。右手にはV字ガゼットとステンシルロゴプリント、左手にはカンガルーポケットがついた仕様。大きくとられたリブがほかにはない絶妙なバランス感を生んでいる。暖かくて気持ちいい。¥7,800



出演:阿部祐二
ヘアメイク:高山みこ
構成・文:澤田真幸
撮影・編集:江木俊彦[リモコン]

SHARE