3月29日に東京ミッドタウン日比谷の3階にオープンした「ヒビヤ セントラル マーケット」。これまでに数多くの人気ショップを手がけてきたクリエイティブディレクターの南 貴之さんが今回新たにつくり上げたのは、780㎡という広い空間に、アパレル、雑貨、飲食、理容、メガネ、書籍、ギャラリーなどからなる7つのゾーンで構成された、日本初のアーケード型複合ショップだ。

海外の博物館や図書館をイメージした「Library」、稀少なヴィンテージのアイウェアを取り扱う「CONVEX」、神宮前に次いで2店舗目の出店となるセレクトショップ「Graphpaper」、日本品質の理容を提供する「理容ヒビヤ」、和をキーワードにした食堂スタイルの飲食店「一角」、コーヒーや週刊誌のほかに日用品も販売するキオスク「AND COFFEE ROASTERS/有隣堂/FreshService」、そして不定期でイベントを開催するギャラリー「Tent gallery」。南さんのディレクションによって誕生したこれら7つのゾーンには、食事やお酒、本や衣服などが揃い、訪れた人はぶらりと路地を歩きながら、それぞれが好きなように過ごすことができる。


南 貴之
1976年生まれ。’96年にH.P.FRANCEに入社。2008年に退職後、alpha.co.ltd設立。以降、クリエイティブディレクターとして数々のブランドのディレクションや空間デザインを手がけるほか、自身のブランド「Graphpaper」「FreshService」も展開。夢はホテルをつくること。

HIBIYA CENTRAL MARKET(ヒビヤ セントラル マーケット)
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷3階
店舗スペース 11:00~21:00
飲食スペース 11:00~23:00 (ラストオーダー 22:30) 無休
URL:http://hibiya-central-market.jp
Instagram:@hibiya_central_market

Photos:Tohru Yuasa
Text:Masayuki Sawada
Movie:Satoru Tateoka
Direction & edit:Yohey Suzuki

SHARE