パラブーツ愛は「シャンボードじゃない方」を履くところから始まる

最近、街で再び見かけるようになったParaboot(パラブーツ)。スニーカーの延長で取り入れられる万能性が魅力で、最も人気なのは外羽根のUチップ「chambord(シャンボード)」。しかし、本当に好きな人は、シャンボード以外にもさまざまなモデルを自分らしく履きこなしている!


REIMS

ぽってりした形もかわいいんですよね
片貝 俊さん/スタイリスト

「ランス」というモデル名のローファーを、パーカ&トラックパンツに合わせてスポーティに履きこなす片貝さん。「ラバーソールなので服装を問わないし、雨にも強いので気を遣わずガシガシいけます。僕の中ではシャンボードもランスも似たもの同士ですが、わずかにランスのほうがゆるい気分でいけますね」。シューズ¥65,000/パラブーツ(パラブーツ青山店) その他/本人私物


MICHAEL MARCHE

僕だってたまには革靴履きたいんです
小澤匡行さん/エディター

東京スニーカー氏愛用の一足はポニースキンが目をひく「ミカエル マルシェ」。「こう見えて歴史的ベーシックモデル。なにせ洋服が地味なので足元がシンプルすぎると本当に普通に(笑)。その点このミカエルは『個性のある定番』という、高級靴ブランドではあまりないポジションがいい。普段はスニーカーが多いですが、そのオルタナとして常に選択肢に入っています」。すべて本人私物


MICHAEL BRIDE

アクセと革靴だけは装飾的でありたい
渡辺健文さん/ユナイテッドアローズ プレス

ユナイテッドアローズでもさまざまなモデルがセレクトされているが、プレス渡辺さんのお気に入りは「ミカエル ブリッド」だ。「ベルテッド仕様で、シャンボードにはない装飾性のあるバックルがアクセントになってくれる。今日のセットアップのように洋服がベーシック寄りのときは重宝します」。シューズ¥66,000/パラブーツ(ユナイテッドアローズ 原宿本店) その他/本人私物


パラブーツ青山店 TEL:03-5766-6688
ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL:03-3479-8180

Photos:Go Tanabe
Text:Kai Tokuhara

SHARE