HERMES-171020

「エルメスのキャップ」という
響きがたまらない

BRAND|HERMÉS
ITEM|WOOL CAP “NEVADA”

大人がストリート感を取り入れるのに頼れるアイテムが、ラグジュアリーブランドのキャップ。どうせ買うなら、奮発してエルメスを選ぼう。春夏も人気を博した“NEVADA”の新作はウールのダブルフェイス仕様で、写真のチャコールグレー×ネイビーなど、バイカラーになっているのが特徴。クルー・ド・セル(鞍の鋲)をモチーフにしたメタルパーツがアクセントに。キャップ¥55,000/エルメス(エルメスジャポン) ニット/スタイリスト私物


tiffany-171020

手元はノーアクセよりワンアクセ

BRAND|TIFFANY&CO.
ITEM|“TIFFANY HARDWEAR”GOLD BRACELET

今年の4月にデビューしたティファニーのジュエリーコレクション「ティファニー ハードウェア」。NYの街からインスピレーションを受けており、ラグジュアリーな中に漂うインダストリアルなムードが新しい。あえてのイエローゴールド狙い、が正解だ。18Kゴールドのブレスレット¥850,000/ティファニー(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)


saintlaurent-171020

スーツにだって違和感のない、
バックパックを見つけた

BRAND|SAINT LAURENT
ITEM|BAG “SAC DE JOUR SOUPLE”

サンローランを代表するウィメンズのアイコンバッグ、「サック・ド・ジュール・スープル」に、今シーズンからメンズが仲間入り。ソフトなグレインレザー、フラップ付きのボクシーなシェイプ、細いショルダーストラップなど、既存のバックパックに比べてファッション寄りのアプローチが特徴で、スーツやジャケットに合わせても違和感がない。ほかにダッフルバッグやトートも展開する。バッグ¥230,000・シルクシャツ¥105,000・パンツ¥130,000/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)


MARGARETHOWELL-171020

スカーフのように、シャツにマフラーを

BRAND|MARGARET HOWELL
ITEM|MUFFLER

肌触りのいいマフラーを巻くのは、秋冬ならではの楽しみ。発色のいいマスタードイエローはマーガレット・ハウエル自慢の新作だ。スタイリングはスカーフと同じような感覚で、さらっとシャツに合わせるのがおすすめ。「首に巻く」のではなく、「首に掛ける」くらいのラフさがいい。マフラー¥34,000・シャツ¥26,000・パンツ¥29,000/マーガレット・ハウエル(アングローバル)


アングローバル TEL:03-5467-7874
イヴ・サンローラン TEL:0570-016655
エルメスジャポン TEL:03-3569-3300
ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク TEL:0120-488-712
※UOMO10月号掲載商品につき品切れや取り扱い終了の可能性があります。

Photos: Naoya Matsumoto
Hair:KANADA[LAKE TAJO]
Stylist:Naoki Ikeda
Model:Kohei Ikeue

SHARE