数々の大ヒット作を生み出しながら、1995年新年3・4合併号ではマンガ誌としてその史上最大発行部数653万部を記録。まさに、1990年代を席巻した「週刊少年ジャンプ」。本展覧会では、90年代に掲載され大人気を博し、世界中のマンガファンに今なお愛される47作品の「ジャンプヒーロー」たちが集結。同じ時代をジャンプとともに成長してきた40歳男子はもちろん、老若男女誰もがジャンプの世界に存分に浸れるスペシャルな内容ばかりで、見応え十分。



『DRAGON BALL』『ジョジョの奇妙な冒険』『SLAM DUNK』…、今も読み継がれる47作品の原画を中心に構成される本展。前後期展示入れ替え約100点ずつを含む約400点(常時300点)以上にも及ぶ、貴重な原画の数々は圧巻だ。



©バードスタジオ/集英社



©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社



作品内で描かれた場面をもとに本展のために編集された特別な映像や、様々なオブジェも展示。懐かしいアニメ映像と音楽、90年代に販売されていた玩具などに囲まれた空間で当時の雰囲気を全身で感じながら、来場者各々の心に鮮明に残る名シーンを振り返ることができる。



©井上雄彦 I.T.PLANNING,INC.



©和月伸宏/集英社



また、会場内の公式ショップでは約200種類ものオリジナルグッズを販売。文具からアパレル、玩具雑貨類、食品まで、ここでしか入手できない稀少なアイテムを多数ラインナップ。さらに、会場に隣接する「Cafe THE SUN」が、本展とのコラボにより期間限定の「JUMP 90’s CAFE」に変身。展示作品をイメージしたフォトジェニックなオリジナルコラボメニューが味わえる。10作品15種類のメニューには、作品に合わせたコースターのプレゼント付き。



prevnext


その他、森田まさのり先生、冨樫義博先生、井上雄彦先生のスペシャルインタビューを映像で紹介するなど、盛りだくさんすぎる展示に時間が経つのも忘れて目も心も奪われてしまうこと間違いなし。会場内のどこかに、展示コーナーから抜け出した『こち亀』の両さんがパトロール中なので、隅々までチェックをお忘れなく。




「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.2
—1990年代、発行部数653万部の衝撃—」

会期:2018年3月19日(月)〜6月17日(日)
※会期中無休

開館時間:10:00〜20:00(最終入館19:30)
※4月28日(土)〜5月6日(日)の間のみ、9:00〜21:00(最終入館20:30)
※5月26日(土)は「六本木アートナイト 2018」のため、開館時間を22:00まで延長(最終入館21:30)

会場:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階

https://shonenjump-ten.com

※会期中の4月・5月の一部日程の月曜日には、8作品の公式応援日「JUMP Hero’s Monday!」も実施。この日だけの限定展示や来場記念証の配布、記念グッズの販売を予定。

SHARE