“鉄オタ”ならずともオトコなら誰しも一度は鉄道に熱を上げた時期があったのでは。その憧れはロマンという火種を残して内なる少年をアツくするもの。このほど60年ぶりに復刻したOMEGA(オメガ)のRailmaster(レイルマスター)は、そんな大人たちの少年心をくすぐる隠れた名作だ。



1957年に発表されたレイルマスターはその名前が示す通り鉄道員をはじめ、電界で働く人々のために作られたモデルで、特徴は優れた耐磁性にあり。当時ほとんどの腕時計が60ガウス前後の耐磁性しかない時代に、なんと最大1000ガウスの耐磁性を保障していたというから驚き。

そんなオリジナルモデルのデザインを踏襲した新しいレイルマスターは、均整のとれたケース幅40mmのステンレススティール製で、垂直方向にブラッシュ仕上げをほどこしたダイアルのシャープな表情が当時のスタイルをモダンにアップデート。埋め込み型のインデックスにはヴィンテージカラーのスーパールミノヴァ(夜光塗料)を塗布し、クラシカルなアクセントに。線路を思わせるミニッツトラックやオメガの精度を象徴する十字、そして鉄道をイメージしたロリポップセンターセコンドがバトン型の時分針を引き立てる。

ケ⁠ースバ⁠ックにはシ⁠ーホ⁠ースのメダリオンを刻印



オリジナルを踏襲したのはデザインだけではない。「コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8806」という最新のエンジンを搭載した新しいレイルマスターは、初代モデルの15倍以上となる15,000ガウスという高い耐磁性に、その歴史を想起させる。多くの場合それはオーバースペックといえるかもしれないが、そこにあるロマンに僕らは惹かれてやまないのだ。


オメガ シ⁠ーマスタ⁠ー レイルマスタ⁠ー コレクシ⁠ョン
ステンレススティール。ケース径40㎜。150m防水。 ¥520,000~530,000

オメガお客様センター TEL:03-5952-4400
www.omegawatches.jp

SHARE