アントワープのファッション熱、再燃中!#2 知名度を上げるヨーロッパストリートの雄 | Blog | UOMO | WEBUOMO

アントワープのファッション熱、再燃中!#2 知名度を上げるヨーロッパストリートの雄

UOMO編集部 中野健吾

UOMO編集部 中野健吾

UOMO編集部ブログ

さて、前回のモード・ミュージアム「エルメス時代のマルジェラ展」だけでもお腹一杯になることは必至ですが、その周辺にはいま注目のストリートショップが数多く存在することをご存知でしょうか? アントワープなのに、ストリート? モードじゃないの? と思われる方も多いことでしょう。

今や大人のファッシュンにもストリート要素、もっといえばスケートカルチャーが入っていて当たり前になった気がします。たとえスケートをしない人であっても、スケートブランドの洋服を着ているのはもう普通のことですし、バレンシアガなど、ストリートカルチャーの影響を色濃く出したメゾンも次々と登場しています。

ニューヨークのシュプリーム、ロンドンのパレスなど、すでに熱狂的支持を得ているスケートブランドはいくつか存在しますが、今、ひしひしと知名度を上げるヨーロッパストリートの雄がアントワープにはあるのです。

VIER ANTWERP
Kammenstraat 62,2000 Antwerpen

https://vierantwerp.com/

P1010549

VIERとはオランダで4の意味。アントワープ4区に位置していることが由来です。2010年にオープン以来、普通のスケートショップと一線を画し、ストリートブランドとハイエンドな洋服を並列で扱う独自のセレクトで注目度を高めていた同店。

ラフ・シモンズがお気に入りのスケートショップとして紹介したことでも知られ、確かにステューシーの隣にラフ シモンズがかかっていて、その隣にはチャンピオンのスウェットが。

今後プラダの展開もスタートするそうで、アントワープのファッションを語る上で欠かせない存在ですね。

P1010551

このブランドの知名度を引き上げた最大の要因は、オリジナルプロダクトに違いありません。

日本でもニード&サプライが一部アイテムを販売していますが、その美しいタイポグラフィがあしらわれたアイテムは、そのどれもが今っぽさ満点で、洗練されています。

代表的なアイテムであるANTWERPと胸にあしらわれたTシャツやスウェットはアントワープ土産としても喜ばれるはず。当然日本で展開のないアイテムやオンラインにないものも多数展開されており、これだけでもアントワープに来てよかったと思えるはずですよ!

P1010618

「せっかくアントワープに来たんだからもっとモードブランドのアイテムを買いたい」という人にオススメなのがアントワープの老舗であり、セレクトショップのオリジンとの呼び声高いこのお店にお任せ。

Louis
Lombrdenstraat 16,2000 Antwerpen

http://www.louisantwerp.be/


P1010555

2018年4月まではこの住所に移転中とのこと。マルジェラはもちろんバレンシアガ、ランバン、サンローランなど、ビッグメゾンの洋服の中でも日本買い付けのないアイテムを探すなら、ここしかない。商品の陳列方法もいい意味で雑多で楽しいです。

VIERにほど近い場所にある
LOCKWOOD ANTWERP SINCE 1996
Ijzerenwaag 3-5,2000 Antwerpen

http://www.lockwood.be/nl/

P1010552

クリーンな空間でゆるい空気感が今っぽいスケートショップ。ここのオリジナルもかわいらしいロゴでイチオシです。

P1010554

また、日本でも人気の、ファッション以外にコスメやインテリア、雑貨を多く扱う、いわゆるライフスタイルショップですが、アントワープにももちろんありました。特にここは行くべきというお店が

THE RECOLLECTION
Kloosterstraat 54,2000 Antwerpen

http://www.therecollection.com/

IMG_8119

ベルギーリネンで有名なリベコのアイテムが豊富にあり、その他現地のオーガニックコスメやハンドメイド家具など、ゆっくり楽しめます。

さて、アントワープのファッションをハイライトで紹介してきましたが、今回の旅はオランダにも行きました。首都アムステルダムもやはり盛り上がっていたのはストリートショップ。中でもキッズから大人までたくさんの人がひっきりなしに訪れていたのがレコードショップも兼ねたこちらのお店。

Independent Skateboards Amsterdam
Vijzelstraat 77,1017 HG Amsterdam

https://skateboardsamsterdam.nl/

P1020430

レアなスニーカーが豊富で、ここのオリジナルプロダクトもロゴがかっこいいです。アントワープよりファッション感は少なく、現地のスケーターが気軽に入ってきては、メンテナンスを依頼するといったローカルな空気感が心地よかったです。

P1020433

アントワープのファッションはニューヨークやパリのように最先端でワクワクするものではないかもしれませんが
格式ある歴史と尖がったカルチャーがうまく溶け合った、ファッション好きな大人こそ楽しめる街であると実感しました。(実際、20歳になりたてのころに来たときよりも、楽しめました!)

ファッション編はこのへんで、次はこれまた大好きなアートについて書きたいと思います。

あわせて読みたい

ラスト

UOMO編集部 中野健吾

UOMO編集部 中野健吾

UOMO編集部の面々が撮影裏話、最速展示会情報、
個人的に気になるモノ、コトなど自由にアップします!
よろしくお願いいたします。

UOMO編集部 中野健吾の最新記事

RECENT ENTRIES

イメージ
NOW ON SALE

UOMO 11月号好評発売中

定価 870YEN

PAGE TOP