VALENTINOのドレスTシャツ | 祐真朋樹の密かな買い物 | Archive | UOMO | WEBUOMO

祐真朋樹の密かな買い物

Vol.6

VALENTINOのドレスTシャツ

ヴァレンティノのドレTを着てこの夏は乗り切ろうと思っている。足元はスニーカーがいちばんだけど、パンツはキメのスラックスにしたい。と、今度はパンツ丈で悩む。あ~、ファッションは面倒で面白い!

vol06_img01

僕が最近、ヴァレンティノに夢中だという話は以前もこのページで書いた。で、いよいよ暑さも本番となってきた今日この頃、非常に頻繁に着ているのがこのダブルフェイスの厚手コットンTシャツだ。ブランドはもちろんヴァレンティノ。同じ素材で2枚はセットインスリーブ、もう1枚はラグランスリーブを持っている。

ほぼ同じようなシルエットなのだが、ラグランのほうが肩まわりが少しだけルーズ。どちらも立体的な作りで、普通のTシャツのように身体のラインが出ないから、程よく体型をごまかせるのもいい。唯一の難点は、毎回ドライクリーニングに出さなければならないこと。贅沢なドレスシャツならぬ、ドレTである。

僕は今、パリのメンズコレクションを見終わって、東京へ帰る飛行機の中で原稿を書いている。今回のパリ滞在中、またヴァレンティノの店でTシャツを3枚買ってしまった。1枚はこのイラストと同じモデルの色違い。霜降りグレーとチョコレートカラーのダブルフェイスになっている。で、セットインスリーブ。

今回、ラグランは店にはなかったので、もしかしたらセットインだけが定番として残ったのかもしれない。ほかの2枚は、薄いコットン素材の霜降りグレーTとネイビーT。ネイビーのほうは、ウエストに切り替えが入っているのが特徴。着るとシャープに立体感が出る。

思えば、丸首(という言い方も古くさいが)Tシャツをこれほど猛烈に着るのも久しぶりだ。本来、シャツマニアなので、夏場も半袖長袖を問わず襟付きシャツで過ごすことが多いのだが、今年はなんだか様子が違う。そのせいか、足元も革靴ではなく、スニーカーを履く機会が増えた。

今回のコーディネートは、ヴァレンティノのドレTとウールギャバのスラックス、そしてアディダスのスタンスミスだ。スタンスミスは限定品のスエードタイプ。3色出たが、僕はこのトライブブルーにひと目惚れだった。イラストの白いシューレースは、その後、アッパーと同じブルーに変更。スニーカーのシューレースは、全体の印象を大きく左右する。

ヴァンズのオーセンティックも昨年末からよく履いていたが、オリジナルのひもは長すぎたので、短いものに買い替えた。汚れた白ひもは、汚れた白ソールと同じくらい興ざめ。コンバースのオールスターならともかく(?)、スタンスミスの白ひもが汚れているなんてのは大問題である。

ヴァレンティノのスラックスは、スーツにも使われそうな素材のもの。丈は短めにしている。しかしそれにしても、パンツ丈は悩みの種だ。極端に短くするか、靴によっては若干裾が甲にかかる、でも微妙に短い丈にするのか、それともツークッションで長めにするのか…。ロールアップは嫌いなので、大いに迷ってしまうのだ。パンツを買う時点で、どんな靴を合わせるのかわかっていればまだいいのだが、なかなかそうもいかない。

最近は、一度直した丈をまた短くしたり、試行錯誤している。パンツの丈は、ジャケットの袖丈同様、ミリ単位で決めなければいけない。この「丈」の迷いは、久々に到来したマイ・丸首Tシャツブームも影響していそうだ。首元と足元の関係は、事程さように密接なのであります。

uomo2014sep

左はナイキの「ルナフライ306」。ひもはなく、極薄のベルトでホールドするだけの着脱簡単タイプ。真ん中は、アディダス「スタンスミス」のオールスエードタイプ。ひと目見て色に惚れ、即ゲット! 右のはゴールデングースのもの。真っ白のレザースニーカーが欲しかったんです

(2014年UOMO9月号掲載)

イメージ
NOW ON SALE

UOMO 9月号好評発売中

定価 820YEN

UOMO8月号p.22に掲載しているカフリンクスの価格に間違いがありました。正しい価格は ¥440,000(税抜)です。お詫びして訂正いたします。

PAGE TOP